中京大中京高校の畔柳亨丞投手は、最速150キロをマークする2021年ドラフト注目の右腕!

 

中学3年の時は、U-15日本代表に選出され、ワールドカップで登板した実績も持っています。

 

今回は、中京大中京高校のドラフト候補・畔柳亨丞投手について調べてみました。

Sponsored Links

畔柳亨丞投手のプロフィール

畔柳亨丞投手は2003年5月3日生まれ。

 

読み方は「くろやなぎ きょうすけ」。

 

愛知県豊田市出身。

 

身長177cm、体重80㎏、右投げ右打ち。

 

畔柳亨丞投手は、小学校1年から野球を始め、豊田市立竜神中学校時代はSASUKE名古屋ヤングに所属。

 

中学3年の時はU-15日本代表に選出され、ワールドカップに出場しています。

 

中学校卒業後は中京大中京高校に進学し、1年夏からベンチ入り。

 

1年夏の愛知大会は、5回戦の国府高校戦に2番手で登板して1回ノーヒット1四死球1奪三振無失点と好投しましたが、以後は登板なく、準決勝で敗れています。

 

その後、畔柳亨丞投手は肘の怪我で1年秋の東海大会からベンチを外れ、2年夏の甲子園交流試合でもベンチ入りを外れています。

 

背番号1番を付けた2年秋の愛知大会は、1回戦の名古屋国際高校戦に先発し、最速146キロをマークし、6回3安打12奪三振1失点の成績を残しています。

来秋ドラフト候補の中京大中京・畔柳亨丞(くろやなぎ・きょうすけ)投手(2年)が秋季愛知県大会の1回戦に先発し6回を3安打1失点に抑えた。最速146キロを計測し、毎回の12三振も奪ったが「直球が上ずっていたので自己採点は40点」と反省も忘れなかった。

出典 スポニチ

 

 

畔柳亨丞投手は、最速150キロの直球にスライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を織り交ぜる本格派右腕。

畔柳亨丞投手のスカウト評

中日・近藤スカウト(2020/9/12付)

「もっと球速も出ると思う。しっかり腕を振って投げられるので楽しみ」

最後に

中京大中京高校の1年先輩が、世代No.1投手といわれる高橋宏斗投手なので、比較されるのは仕方ないでしょう。

 

ただし、高橋宏斗投手も2年秋から急激に成長していった投手なので、畔柳亨丞投手も高橋宏斗投手に続き、ドラフト上位指名候補まで昇りつめてほしいですね。

Sponsored Links