横浜DeNAベイスターズで夏に強い選手といえば桑原将志選手ですよね。

 

昨年の7月にはリーグ月間トップの打率.389、6本塁打、14打点の成績を残し、月間MVPに選ばれています。

 

今年も、シーズン当初の不振から脱して、夏になり打棒が復活してきました!

 

今回はDeNAの夏男・桑原将志選手に注目してみました。

Sponsored Links

桑原将志選手のプロフィール

桑原将志(くわはら まさゆき)選手は1993年7月21日生まれの24歳の外野手。

 

大阪府和泉市出身。

 

身長174cm、体重78kg、右投右打。

 

背番号は1番。

 

和泉市立郷荘中学校時代は和泉ボーイズに所属し、1番遊撃手としてプレー。

 

中学校卒業後は福知山成美高校に進学し、1年春からレギュラーとして起用され始めています。

 

しかし、1年生部員の不祥事が発覚し、1年生部員全員が連帯責任で対外試合への出場停止処分を受けたため、夏の京都大会への出場ができませんでした。

 

1年秋には3番遊撃手として近畿大会ベスト8入りに貢献しましたが、2年の時に再び不祥事が発覚し、野球部は6カ月の対外試合禁止処分を受け、春夏は試合に出場することができませんでした。

 

対外試合禁止処分が明けた秋には主将に指名され、京都大会ベスト4入りに貢献。

 

しかし、甲子園を目指した3年夏の京都大会では、龍谷大学付属平安高校に準決勝で敗れ、甲子園出場は果たせませんでした。

 

小柄ながら俊足、強肩、パンチ力のある巧打者として、プロから評価を受け、2011年のドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから4位指名を受け入団。

桑原将志選手の1軍での成績

桑原将志選手は内野手として入団しましたが、2014年からは外野手として登録変更されています。

 

2012年

試合数3 打数3 安打1 本塁打0 打点0 盗塁0 四死球0 三振1 打率.333 出塁率.333

 

2013年

試合数5 打数6 安打0 本塁打0 打点0 盗塁0 四死球0 三振3 打率.000 出塁率.000

 

2014年

試合数53 打数144 安打37 本塁打1 打点13 盗塁4 四死球17 三振32 打率.257  出塁率.335

 

2015年

試合数60 打数103 安打19 本塁打1 打点5 盗塁1 四死球5 三振26 打率.184

出塁率.222

 

2016年

試合数133 打数462 安打131 本塁打11 打点49 盗塁19 四死球52 三振93

打率.284 出塁率.356

 

2017年

試合数143 打数598 安打161 本塁打13 打点52 盗塁10 四死球56 三振116

打率.269 出塁率.332

 

2018年

試合数66 打数183 安打52 本塁打5 打点12 盗塁12 四死球14 三振38 打率.284  出塁率.335

 

レギュラーとして定着したのは2016年からですね。

 

2017年には外野手としてゴールデングラブ賞を受賞しています。

 

ただ、1番バッターとしては本塁打が多いのはいいのですが、盗塁数や四死球が少ないといえます。

 

また、好不調の波がある選手のため、安定感がありません。

Sponsored Links

桑原将志選手のほくろ?

桑原将志選手を検索すると、ほくろというワードが出てきます。

 

何のことかと思ったら、2015年10月21日の中日戦で相手の投手からデッドボールを受け、左手首を骨折してしまった時に、当時のチームメイトだった林昌範投手からアドバイスを受け、気分転換のために、左目鼻筋近辺にあったほくろの切除を行ったということのようです。

 

骨折してしまった時は、落ち込んでしまうものです。

 

でも、気分転換のために行ったほくろの切除が功を奏したかは不明ですが、翌年の大活躍につながるわけですから、ほくろの除去はいい気分転換になったのかも知れませんね。

最後に

桑原将志選手は成績だけでは計り知れないほどパワーのある選手ですよね。

 

この選手が活躍すると、チームの空気を変えてしまうほどの選手です。

 

横浜DeNAベイスターズが上昇するには、この選手の活躍が不可欠です。

Sponsored Links