2018年秋季東海大会で準優勝した津田学園高校には、東海大会で3試合連続本塁打を放ち、ドラフト候補として注目されている前川夏輝選手がいます。

 

今回は、津田学園高校の前川夏輝選手について調べてみました。

Sponsored Links

前川夏輝選手のプロフィール

前川夏輝選手は、三重県津市出身の選手。

 

身長178cm、体重74㎏、右投げ右打ち。

 

前川夏輝選手は、白塚バッファローズでソフトボールを始め、投手としてプレー。

 

津市立一身田中学校時代は津ボーイズでサードとショートでプレーしていました。

 

前川夏輝選手は中学校卒業後は、津田学園高校に進学!

 

2年秋の三重大会から3番あるいは4番として起用され、準決勝の菰野高校戦では3番セカンドで出場して3打数ノーヒット、3位決定戦の海星高校戦では4番セカンドで出場して5打数ノーヒットに終わっています。

 

しかし、三重3位で出場した東海大会では、1回戦の大垣日大高校戦で4番ファーストで出場して、4回に左中間スタンドへ飛び込む本塁打を含む3打数2安打1打点、続く準々決勝の御殿場西高校戦で8回にレフト場外への本塁打を含む4打数3安打1打点、準決勝の中京大中京高校戦では初回にライトスタンド越えの3試合連続本塁打を含む3打数3安打5打点をマーク!

秋の地区予選から四番に任命されたばかりだが気負いはない。「低く強い打球を目指し、誰よりもバットを振ってきた自信がある」

四番の重圧に耐えるために、メンタルトレーニングに関する本も読み込んできた。そのかいもあり、前日の本塁打に舞い上がることなく打席に立てたという。

本で学んだことは「好調なときほど冷静に」。チームの柱は、確かな打撃力と言葉通りの平常心で、春の選抜を目指し次戦に挑む。

出典 中日新聞プラス

 

けれども、決勝の東邦高校戦ではマークされ、1打席目は四球、2打席目は死球を受け、残る2打席もショートゴロに打ち取られ、2打数ノーヒットに終わり、試合も2対10で敗れています。

 

3年春の選抜大会初戦の龍谷大平安高校戦では、4番サードで出場して3打数ノーヒット1四死球1三振と結果を残すことはできませんでしたが、バットを短く持つなど工夫が見られました。

 

3年夏の三重大会は4番サードで出場して、初戦の四日市中央工業高校戦で2本塁打5打点、3回戦の木本高校戦で3打数ノーヒット1四死球、準々決勝の皇学館高校戦で2打数ノーヒット1四死球、準決勝の宇治山田商業高校戦で4打数2安打2打点、決勝の海星高校戦で4打数2安打1打点の成績を残し、津田学園高校の優勝に貢献!

 

 

前川夏輝選手は、小学校時代は投手、中学校や高校時代はショートやセカンドを守っていた強肩強打の選手!

 

前川夏輝選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

前川夏輝選手は、長打力で注目されている選手ですが、3年春の選抜大会では結果を残すことができませんでした。

 

前川夏輝選手には、この経験を糧にして、頑張ってほしいですね。

Sponsored Links