2年夏の神奈川大会で3本の本塁打を放ち、守備でも二塁送球1.9秒台をマークする牧原巧汰選手は、2020年ドラフト注目の捕手!

 

今回は、日大藤沢高校のドラフト候補・牧原巧汰選手に注目しました。

Sponsored Links

牧原巧汰選手のプロフィール

牧原巧汰(まきはら こうた)選手は神奈川県相模原市出身。

 

身長174cm、体重73㎏、右投げ左打ち。

 

牧原巧汰選手は、小学校の時はひのきビートルズに所属し、相模原市立鵜野森中学校時代は座間ボーイズでプレー。

 

中学校卒業後は日大藤沢高校に進学し、1年からベンチ入り。

 

1年秋の神奈川大会から正捕手を獲得!

 

2年夏の神奈川大会は1番捕手で出場し、初戦の湘南台高校戦で本塁打を含む4打数2安打2打点をマーク!

日大藤沢は、一回に4番・姫木陸斗外野手(2年)の右翼線二塁打で先制し、二回にも2点を追加。五回には1番・牧原巧汰捕手(2年)の右越え3ランなどで5点を加えると、六回にも3点。計13安打で11点を奪った。プロ注目の先発左腕・武冨陸投手(3年)が5回1安打1四球7奪三振で無失点に抑え、試合の流れを作って快勝した。

公式戦1号、高校通算15本目の本塁打を放った牧原は、「(犠打となる)外野フライでいいと思って打席に入った。低めが得意で、チェンジアップをしっかり振れ、手ごたえはよかった。ただ、武冨さんの後の投手のリードがうまくできなくて失点しまったので反省しています」と唇をかんだ。

出典 サンスポ

 

牧原巧汰選手は続く、3回戦の横浜隼人高校戦で4打数1安打1四死球1盗塁、4回戦の橘高校戦で4打数2安打1打点、5回戦の座間高校戦で3打数ノーヒット1四死球、準々決勝の鎌倉学園高校戦で本塁打を含む5打数2安打3打点、準決勝の桐光学園高校戦で大会3本目となる本塁打を含む5打数3安打2打点、決勝の東海大相模高校戦で2打数ノーヒット2四死球と活躍しましたが、決勝はエースの武冨陸投手が打ち込まれ、大敗しています。

 

 

牧原巧汰選手は二塁送球1.9秒台をマークし、フットワークも軽快な強肩強打の小柄な捕手。

 

牧原巧汰選手の動画(打撃)(守備)

最後に

日大藤沢高校といえば、山本昌氏(元 中日)や館山昌平氏(元 ヤクルト)といった投手が有名ですが、黒羽根利規選手(現 日本ハム)ら捕手の育成も定評のある学校です。

 

牧原巧汰選手は、神奈川出身の捕手としては、ドラフトを意識できる選手だと思うので頑張ってほしいですね。

 

Sponsored Links