侍ジャパン大学代表に選出された牧秀悟選手は、攻守にセンスの光る内野手!

 

大学3年の春のリーグ戦では、本塁打を2本放つなど、長打力も発揮し始めています。

 

今回は、2020年のドラフト候補である牧秀悟選手に注目しました。

Sponsored Links

牧秀悟選手のプロフィール

牧秀悟(まき しゅうご)選手は、1998年4月21日生まれの21歳。

 

長野県中野市出身。

 

身長178cm、体重81㎏、右投げ右打ち。

 

牧秀悟選手は、中野市立中野小学校の時はキングアニマルズに所属し、中野市立南宮中学校時代は若穂シニアでプレー。

 

中学校卒業後は松本第一高校に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年春の北信越大会では3番ファーストで出場し、1回戦の富山第一高校戦で4打数2安打と活躍しましたが、2回戦の春江工・坂井高校戦では4打数ノーヒットに終わり、試合も1対6で敗れています。

 

1年夏の長野大会では、2回戦の飯田風越戦で3打数ノーヒットに終わったものの、3回戦の野沢南高校戦で4打数1安打1打点、4回戦の更級農業高校戦で4打数2安打3打点、準々決勝の長野商業高校戦でも4打数1安打を記録しましたが、試合は9回に決勝点を入れられ、2対3で惜敗しています。

 

2年夏の長野大会では4番センターで出場し、2回戦の須坂高校戦で2打数ノーヒットに終わり、試合も延長10回サヨナラで敗れています。

 

3年春の長野大会では3番ショートで出場し、決勝で松商学園高校を破り優勝!

 

続く、3年春の北信越大会では、1回戦の美方高校戦で4打数2安打をマークしましたが、1対3で敗退しています。

 

3年夏の長野大会は、初戦で小諸商業高校と対戦し、牧秀悟選手は4打数2安打と活躍しましたが、1対3で敗れています。

 

牧秀悟選手は高校卒業後、中央大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場!

 

1年春のリーグ戦ではショートで11試合に出場し、35打数8安打、4打点、1盗塁、4四死球、3三振、打率.229の成績を残しています。

 

1年秋以降はショートとして定着し、2年秋のリーグ戦では12試合に出場して、48打数13安打、7打点、2盗塁、3四死球、6三振、打率.271を残し、ショートとして初のベストナインに選出されています。

 

3年春は4番セカンドで出場して、13試合に出場して、50打数20安打、2本塁打、14打点、1盗塁、6四死球、3三振、打率.400をマークし、初の首位打者と二度目のベストナインに輝いています。

 

 

牧秀悟選手は、遠投100m、50m走6秒4の肩と足に加え、パンチ力のある打撃が魅力の内野手。

 

高校時代には、リリーフで140キロをマークしています。

 

牧秀悟選手の動画はコチラ

牧秀悟選手のスカウト評

スカウト(2017/4/27付)

「右打ちの内野手で、パンチ力のあるバッティングが魅力。攻守でセンスにあふれ、ショートの守備でも落ち着いた動きを披露。伸びしろに期待」

Sponsored Links

最後に

牧秀悟選手は、中央大学で1年春からショートでレギュラーとして活躍し、3年春には首位打者を獲得するなど打撃でも成長している選手です。

 

侍ジャパン大学代表にも選出され、さらに成長していけば、2020年ドラフトでは上位指名も狙える可能性もあります。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links