大谷翔平選手(現 エンゼルス)や菊池雄星投手(現 マリナーズ)を輩出した花巻東高校で、水谷公省選手とともに2020年ドラフト候補として注目されているのが、松本遼大投手です。

 

松本遼大投手は、最速148キロの直球に多彩な変化球を持つ右腕投手!

 

今回は、花巻東高校のドラフト候補・松本遼大投手に注目しました。

Sponsored Links

松本遼大投手のプロフィール

松本遼大(まつもと りょうだい)投手は2002年5月17日生まれ。

 

岩手県滝沢市出身。

 

身長188cm、体重92㎏、右投げ右打ち。

 

松本遼大投手は、小学生の時は水泳に励み、滝沢市立滝沢第二小学校5年の時に巣子野球スポーツ少年団で野球を始めています。

 

滝沢市立滝沢第二中学校時代は軟式野球部でプレー。

 

中学卒業後は花巻東高校に進学し、1年秋からベンチ入り。

 

1年秋の東北大会は、2回戦の聖光学院高校戦で4番手で登板して1回1安打無失点と好投しましたが、以後は登板機会なく、準決勝で敗退しています。

 

2年夏の岩手大会で優勝した花巻東高校は甲子園大会に出場しましたが、松本遼大投手は甲子園大会メンバーから外れています。

 

2年秋の新チームからは再びベンチ入りを果たし、2年秋の岩手大会では、決勝で盛岡大付属高校に惜敗したものの、準優勝で東北大会に出場!

 

2年秋の東北大会初戦の仙台城南高校戦では、2番手で登板して4.1回を4安打2四死球6奪三振1失点に抑えましたが、2対3で惜敗しています。

 

3年夏の岩手独自大会は、準決勝の盛岡大付属高校戦で2回1安打無失点と好投しましたが、試合は0対4で敗れています。

1年秋の東北大会から同校の出世番号「17」を背負って登板した逸材だ。昨秋の東北大会でも仙台城南(宮城)との2回戦で4回1/36奪三振1失点と好投。今冬、10キロ超の体重増と筋力トレーニングの成果もあって、球質や制球力も向上。今夏の岩手県独自大会では盛岡大付との準決勝のみの登板だったが、2回1安打無失点と存在感は示した。

出典 日刊スポーツ

 

 

松本遼大投手は、角度のある最速148キロの直球にスライダー、フォーク、ツーシーム、シュートなどの変化球を織り交ぜる右腕投手。

最後に

10キロ以上の体重の増加と筋力トレーニングにより球質や制球力が向上したといわれる松本遼大投手は、指先の感覚がすぐれていると評価されているようですね。

 

実績は少ないですが、むしろ、大事に育てられてきたという感じでしょう。

 

おそらく、育成も含めれば、ドラフト指名の可能性は高いと思われます。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links