春の選抜大会に出場する横浜高校は、153キロ左腕の及川雅貴投手が注目されていますが、下級生にも松本隆之介投手や木下幹也投手など力のある投手が揃っています。

 

さすがに、名門校となると、層の厚さが違いますね。

 

今回は、最速147キロを誇る松本隆之介投手に注目してみました。

Sponsored Links

松本隆之介投手のプロフィール

松本隆之介(まつもと りゅうのすけ)投手は神奈川県横浜市出身。

 

身長188cm、体重76㎏、左投げ左打ち。

 

松本隆之介投手は小学校の時に外野手として野球を始め、横浜市立名瀬中学校時代は戸塚シニアで投手としてプレーし、中学3年生の夏に全国大会に出場しています。

 

中学校卒業後、松本隆之介投手は横浜高校に進学し、1年春の神奈川大会からベンチ入り。

 

1年春の神奈川大会4回戦の横浜創学館高校戦で、7回一死から登板して、3四死球を与え、コントロールに不安をのぞかせましたが、最速145キロの速球で後続を抑え、無失点デビューを飾っています。

 

1年夏の南神奈川大会では、3回戦の逗子開成高校戦で2番手で登板して1.1回をノーヒット3奪三振無失点。

 

1年秋の神奈川大会では、3回戦の鶴嶺高校戦に先発として登板して、5回4安打6奪三振2失点と好投しましたが、決勝の桐蔭学園高校戦では、先発して0.1回を2安打1四球2失点で降板しています。(試合は11対2で勝利)

 

続く、関東大会準々決勝の春日部共栄高校戦では、3番手で登板して0.1回をノーヒット無失点。(試合は7回コールドで2対9で敗戦)

 

2年春の選抜大会は、1回戦の明豊高校戦に2番手で登板して、2.1回を5安打2四死球2奪三振5失点(自責点1)と打たれ、1回戦敗退となっています。

 

 

松本隆之介投手は、最速147キロの速球にスライダー、フォークボール、チェンジアップなどの変化球を持つ長身左腕。

 

肩の可動域が広く、鋭い腕の振りが特徴で、将来150キロの速球が期待できます。

 

課題は、コントロールとキレでしょうね。

 

松本隆之介投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

横浜高校は投手陣の層が厚いので、松本隆之介投手も、まだ、登板数はそれほど多くありません。

 

しかし、2018年秋季神奈川大会決勝で先発として起用されるなど、期待されている投手であることは間違いありません。

 

現時点でも、最速147キロの速球を投げる左腕なので、2020年ドラフト候補としては注目の投手です。

 

春の選抜大会は、悔しい結果となりましたが、頑張ってほしいですね。

Sponsored Links