侍ジャパンU-18日本代表が発表されましたね。

 

捕手は、星稜高校の山瀬慎之助捕手と明石商業高校の水上桂捕手が選出されていますが、1次候補に選出されていなかった水上桂捕手が選出されたのは意外な感じがします。

 

今回は、侍ジャパンU-18日本代表に選出された明石商業高校のドラフト候補・水上桂捕手に注目しました。

Sponsored Links

水上桂捕手のプロフィール

水上桂捕手は、2001年7月5日生まれの18歳。

 

読み方は「みずかみ けい」と読むそうです。

 

兵庫県宝塚市出身。

 

身長172cm、体重72㎏、右投げ右打ち。

 

水上桂捕手は、宝塚市立仁川小学校の時はヤングリーグの兵庫夙川でプレーし、宝塚市立宝塚第一中学校時代は三田ヤングに所属し、3年生の時は主将としてチームをまとめていたそうです。

「試合に出たくてしょうがないことが露骨に顔に出る、昔の野球小僧のような子でした」と清水さん(三田ヤング代表)は振り返る。引っ込み思案の選手が多い中で、目立つ存在だったという。試合勘が良く、3年生では主将としてチームをまとめた。いつもニコニコしていて「試合が楽しくてしょうがないんだろうな」と感じたという。

出典 神戸新聞

 

中学校卒業後は明石商業高校に進学。

 

2年春の兵庫大会決勝の滝川第二高校戦では8番捕手で出場し、2打数2安打と活躍し、準優勝で近畿大会に出場!

 

続く、2年春の近畿大会初戦の大阪桐蔭高校戦では、根尾昂投手柿木蓮投手を相手に4打数2安打2打点をマークしましたが、投手陣が大阪桐蔭高校打線に打ち込まれ、6対7で敗れています。

 

2年夏の兵庫大会は2番ファーストで出場し、2回戦の西脇高校戦で2打数ノーヒット2犠打、3回戦の高砂高校戦で5打数3安打1打点1盗塁、4回戦の姫路南高校戦で4打数ノーヒット、準々決勝の洲本高校戦で4打数2安打1四死球1打点、準決勝の小野高校戦で5打数1安打、決勝の姫路工業高校戦で3打数1安打2犠打1打点をマークし、明石商業高校の優勝に貢献!

 

続く、2年夏の甲子園大会は、初戦の八戸学院光星高校戦に2番ファーストで出場し、4打数1安打2犠打飛の成績を残しましたが、試合は乱打戦の末、8対9で敗れています。

 

2年秋の兵庫大会は2番捕手で出場し、決勝の神戸国際大付属高校戦で1打数1安打1打点、捕手としても中森俊介投手らを好リードし、明石商業高校の優勝を牽引!

 

2年秋の近畿大会は、初戦の京都国際高校戦で5打数1安打、準々決勝の報徳学園高校戦で4打数2安打、準決勝の智弁和歌山高校戦で本塁打を含む3打数2安打1四死球1打点、決勝の龍谷大平安高校戦で5打数2安打の活躍を見せています。(決勝は1対2で惜敗)

 

翌3年春の選抜大会は、1回戦の国士舘高校戦で4打数1安打1四死球1打点、2回戦の大分高校戦で3打数2安打2四死球1犠打飛、準々決勝の智弁和歌山高校戦で4打数2安打と活躍しましたが、準決勝の東邦高校戦では石川昂弥投手に4打数ノーヒットに抑えられ、試合も2対4で敗れています。

 

3年夏の兵庫大会は2番捕手で出場し、準決勝の高砂高校戦で2打数2安打1四死球2犠打飛、決勝の神戸国際大付属高校戦で4打数1安打1打点に加え、中森俊介投手をリードで支え、明石商業高校の優勝に貢献!

 

続く、3年夏の甲子園大会は、2回戦の花咲徳栄高校戦で2打数1安打1四死球1犠打飛2打点、3回戦の宇部鴻城高校戦で4打数1安打1四死球、準々決勝の八戸学院光星高校戦で1打数ノーヒット3四死球1犠打飛と活躍しましたが、準決勝の履正社高校戦では岩崎峻典投手に抑えられ、4打数ノーヒット2三振に終わり、試合も1対7で敗れています。

 

 

水上桂捕手は、二塁送球1秒8~9をマークする強肩に加え、投手の持ち味を引き出す好リードが光る捕手。

 

また、二番打者としてバントもできる嫌らしいタイプの選手で、相手の配球を読んで打つタイプです。

 

水上桂捕手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

水上桂捕手は、二塁送球1秒8~9をマークするドラフト注目の捕手ですが、高卒プロという感じはあまりしません。

 

大学などに進んでから、再びドラフト候補として注目される存在になっていくのではないでしょうか。

 

今回の侍ジャパンU-18日本代表は、水上桂捕手にとっても、良い機会でしょうから、頑張ってほしいですね。

Sponsored Links