旭川大高校で主将を務めた持丸泰輝選手が、プロ志望届を提出するそうですね。

 

持丸泰輝選手は、星稜高校の奥川恭伸投手を相手に、風に戻されなければホームランになったであろう飛球を飛ばし、力のあるところを見せつけた選手!

 

今回は、旭川大高校のドラフト候補・持丸泰輝選手に注目しました。

Sponsored Links

持丸泰輝選手のプロフィール

持丸泰輝(もちまる たいき)選手は、2001年10月26日生まれの17歳。

 

北海道旭川市出身。

 

身長178cm、体重76㎏、右投げ左打ち。

 

持丸泰輝選手は小学校の時は永山西クラブでプレーし、旭川市立永山中学校時代は軟式野球部で投手で4番で活躍!

 

中学校卒業後は旭川大高校に進学し、1年春からベンチ入り。

 

2年夏の北北海道大会は4番レフトで出場し、1回戦の白樺学園高校戦で本塁打を含む4打数4安打1四死球5打点、準々決勝の帯広大谷高校戦で4打数2安打1打点、準決勝の旭川実業高校戦で本塁打に2四死球1盗塁、決勝のクラーク国際高校戦で2打数1安打2四死球1打点と活躍し、旭川大高校の優勝に貢献!

 

続く、2年夏の甲子園大会は、4打数1安打3四死球1打点をマークしましたが、逆転を許す結果となるエラーをおかし、タイブレークの末、延長14回で敗退しています。

 

2年秋の新チームからは主将となり、2年秋の北海道大会では4番捕手で出場!

 

1回戦の北照高校戦では4打数2安打3打点、2回戦の札幌第一高校戦で3打数1安打2四死球2打点と活躍しましたが、2回戦で逆転負けを喫しています。

 

3年夏の北北海道大会は2番捕手で出場し、旭川地区代表決定戦の富良野緑峰高校戦で4打数4安打2打点、1回戦の釧路湖陵高校戦で5打数2安打1打点、準々決勝の帯広北高校戦で3打数1安打2四死球1打点、準決勝の旭川北高校戦で伊東佳希投手らを相手に3打数2安打1四死球2打点1盗塁、決勝のクラーク国際高校戦で2打数ノーヒット3四死球と活躍し、旭川大高校の優勝を牽引!

 

続く3年夏の甲子園大会は、初戦で星陵高校と対戦し、能登嵩都投手を好リードし、相手を1点に抑えたものの、奥川恭伸投手に抑えられ完封負けを喫しています。

 

しかし、奥川恭伸投手を相手に第2打席でヒットを放ち、9回にもあわやホームランとなる大飛球を放ち、存在感を見せつけています。

 

 

持丸泰輝選手は、遠投100mの強肩に長打力のある打撃が魅力の捕手。

 

捕手としては実績は少ないものの、甲子園での好リードは将来性に期待できます。

 

握力は両手ともに60キロあり、松井秀喜氏の大ファンのようです。

 

持丸泰輝選手の動画はコチラ

Sponsored Links

持丸泰輝選手のサブロー氏の評価

持丸はとにかく打撃がシンプルでいい。バットを早めに寝かせてトップで構え、素直に振るだけ。野球は打つ、投げる、守る、いずれも準備のスポーツ。打つ準備ができているから、7日の星稜戦も奥川の150キロを超える速球にも鋭い変化球にも対応できていた。9回の右飛も風がなければスタンドインしていただろう。

ロッテ福浦さんも打撃開眼したのはイチローさんをまねて、バットを寝せ、早めにトップをつくるようになってから。この形は個人で合う、合わないはあるが、高校生で早くも自分の形にしている。ソフトバンク中村晃に似たタイプで、すごいヒットマンになりそうな感じもする。ポジション的にも打てる捕手というのは魅力的だ。

出典 日刊スポーツ

最後に

甲子園での奥川恭伸投手相手の大飛球はいいアピールになったのではないでしょうか。

 

また、軟投派の能登嵩都投手の好リードも、ドラフト候補として、評価が上がったと思います。

 

後は、球団それぞれの思惑が絡みますが、指名圏内に入ったのではないでしょうか。

Sponsored Links