桐蔭学園高校といえば、神奈川では有名な野球の強豪校!

 

桐蔭学園高校は、巨人の監督を務めた高橋由伸さん、ロッテの鈴木大地選手、楽天の茂木栄五郎選手、西武の齊藤大将投手など優秀な選手を輩出する高校として知られています。

 

そんな桐蔭学園高校ですが、近年は横浜高校や東海大相模高校、慶應高校などに押され、中々甲子園出場が叶いませんでした。

 

しかし、2018年秋季関東大会で優勝し、春の選抜に出場してきました!

 

今回は、神奈川の強豪・桐蔭学園高校の主将である森敬斗選手に注目しました。

Sponsored Links

森敬斗選手のプロフィール

森敬斗(もり けいと)選手は静岡県静岡市出身の内野手。

 

身長175cm、体重68㎏、右投げ左打ち。

 

森敬斗選手は、静岡市立藁科中学校時代は島田ボーイズでプレーし、中学校3年生の時に静岡選抜チームに選ばれ、台湾に遠征しています。

 

森敬斗選手は中学校卒業後、桐蔭学園高校に進学し、1年から公式戦に出場。

 

1年夏の神奈川大会3回戦の大師高校戦で6番ライトで先発出場しましたが、4打数ノーヒット1三振の結果に終わり、試合も3対4で敗れています。

 

1年秋の神奈川大会2回戦の湘南学院高校戦では、森敬斗選手は2番ショートで出場して3打数3安打2打点の活躍をしましたが、3回戦の弥栄高校戦は5対6で惜敗しています。

 

2年夏の北神奈川大会では、森敬斗選手は3番サードで出場し、1回戦の県川崎高校戦で3打数2安打、2回戦の城郷高校戦で本塁打を含む2安打1打点、3回戦の海老名高校戦で3打数1安打2打点、4回戦の市ケ尾高校戦で4打数3安打3打点、準々決勝の慶應高校戦で5打数2安打と活躍しましたが、慶應高校に4対6で敗れています。

 

新チームからは主将となった2年秋の神奈川大会では3番ショートに座り、4回戦の向上高校戦で本塁打、準決勝の厚木北高校戦で5打数4安打1打点と活躍し、桐蔭学園高校の神奈川大会準優勝に尽力しました。

 

続く関東大会では、1回戦の常総学院高校戦で、2点リードされた9回2死満塁の好機に、森敬斗選手は起死回生の満塁ホームランを放ち、1回戦を勝ちぬくと、続く準々決勝の佐野日大高校戦で先制の犠飛を含む5打数3安打3打点の活躍、その後も準決勝の習志野高校戦ではノーヒットに終わりましたが、決勝戦の春日部共栄高校戦で2本の本塁打を含む5打数3安打5打点の活躍で、桐蔭学園高校の関東大会優勝を牽引しました。

 

その後行われた明治神宮野球大会では、初戦で筑陽学園高校と対戦し、1対10で敗戦。

 

森敬斗選手は3つのエラーをし、打つ方も3打数ノーヒット1三振と精彩を欠きました。

「良い準備ができていなかったと思いますし、心構えなど中途半端なところが多かったから、ああいう結果になったと思います。落ち着いてプレーができていなかった」

出典 高校野球ドットコム

 

翌3年春の選抜大会では、1回戦の啓新高校戦に、3番ショートで出場し、4打数3安打1打点を記録しました。

 

しかし、2死満塁の絶好機に打席に立って、空振り三振に終わったのは残念でしたね。

 

 

森敬斗選手は、新チーム結成以来7本塁打を量産している強肩強打のショート。

 

高校通算本塁打は9本で、深い位置からでもさせる肩はスカウトからの評価も高いようです。

 

森敬斗選手の動画はコチラ

Sponsored Links

森敬斗選手のスカウト評

阪神の吉野スカウト(2018/11/28付)

「肩も強いし長打もある。楽しみな選手」

 

巨人・長谷川スカウト部長(2019/3/28付)

「野手なら、森でしょう。体は大きくないけど、高校時代の井口(ロッテ監督)や(広島)田中広輔よりポテンシャルは高い。足が使えるし、スローイングもいい。」

 

日本ハム・山田スカウト顧問(2019/3/28付)

「小園(広島)タイプ。今大会の遊撃で1番かな」

最後に

桐蔭学園高校の選手は大学や社会人を経由してプロ入りする選手が多く、森敬斗選手も高卒でプロという選択をしないかも知れません。

 

ただし、強肩強打のショートは、どこの球団でも欲しい人材ですので、森敬斗選手も頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links