東海大相模高校時代に高校通算57本塁打をマークし、ドラフト候補として注目されていた森下翔太選手!

 

中央大学に進んだ1年春のリーグ戦では、早くも2本塁打を放つ活躍を見せています。

 

今回は、中央大学の森下翔太選手に注目してみました。

Sponsored Links

森下翔太選手のプロフィール

森下翔太(もりした しょうた)選手は、2000年8月14日生まれの18歳。

 

神奈川県横浜市出身。

 

身長181cm、体重86㎏、右投げ右打ち。

 

遠投90m、50m走6秒5。

 

森下翔太選手は、横浜市立日限山小学校1年から野庭日限フェニックスで野球を始め、横浜市立日限山中学校時代は戸塚シニアでサードとしてプレーしていました。

 

中学校卒業後は、東海大相模高校に進み、1年夏からベンチ入り。

 

1年夏の神奈川大会では、4番センターで出場した2回戦のアレセイア高校戦で3打数1安打1打点、3番で出場した3回戦の瀬谷高校戦で2打数ノーヒット、5番に下がった4回戦の日大藤沢高校戦で2打数ノーヒット1四死球、5回戦の厚木高校戦で2打数1安打の成績を残しましたが、準々決勝の慶応高校戦では出場機会なく、2対11で敗れています。

 

1年秋から4番センターとしてレギュラーを獲得し、2年春の神奈川大会は、準決勝の桐光学園高校戦で本塁打を放ち、決勝の横浜高校戦でも4打数1安打1四死球1盗塁の活躍を見せ、東海大相模高校の優勝に貢献!

 

続く、2年春の関東大会でも、2回戦の千葉敬愛高校戦で4打数4安打2打点1盗塁、準決勝の作新学院高校戦で5打数2安打1打点、決勝の浦和学院高校戦で4打数1安打を記録しましたが、決勝戦は2対3で惜敗しています。

 

2年夏の神奈川大会は、3回戦の鶴見大付属高校戦で3打数3安打1四死球1打点2盗塁、準々決勝の日大藤沢高校戦で2本塁打4打点と活躍しましたが、決勝の横浜高校戦では5打数ノーヒット2三振に終わり、試合も3対9で敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

2年秋の神奈川大会は、3番センターで出場した準決勝の桐光学園高校戦で3打数1安打1打点、決勝の慶応高校戦でも2本塁打を含む4安打5打点をマークし、東海大相模高校の優勝を牽引!

 

続く、2年秋の関東大会では、準々決勝の作新学院高校戦で3打数2安打4打点、準決勝の中央学院高校戦で4打数3安打1打点をマーク!

 

しかし、翌3年春の選抜大会では、2回戦の聖光学院高校戦で4打数2安打1四死球1盗塁、3回戦の静岡高校戦で4打数ノーヒット1四死球1三振、準々決勝の日本航空石川高校戦で4打数1安打1打点、準決勝の智弁和歌山高校戦で3打数1安打2四死球1打点に終わり、大活躍とはいきませんでした。

 

3年夏の神奈川大会は、2番センターで出場した2回戦の厚木東高校戦で3打数2安打1四死球、3回戦の大和南高校戦で4打数2安打、3番となった神奈川工業高校戦で本塁打を含む4打数3安打3打点、準々決勝の相模原高校戦で4打数2安打2打点1盗塁を記録しましたが、準決勝の慶応高校戦では4打数1安打2三振に終わり、準決勝で敗退しています。

 

森下翔太選手は、高校卒業後は中央大学に進学し、1年春のリーグ戦から出場!

 

1年春の東洋大学との1回戦で6番ライトで起用され、リーグ戦デビューを果たすと、2試合目となる東洋大学との2回戦では5番に上がり、4打数2安打1打点を記録。

 

亜細亜大学との4回戦ではリーグ戦初本塁打をマークし、国学院大学との1回戦ではリーグ戦2本塁打目となるソロホームランを放っています。

1年生の脱皮が、立て直しの軌跡と重なる。森下翔太外野手だ。東海大相模で通算57発。昨春センバツは4強まで進んだ。大学でも全試合スタメンで3番、5番。当初は苦しんだが「徐々に自分のスイングが出来るようになりました」。ファウル方向に表れた。打ちたいあまり、引っ張り過ぎの三塁方向が目立った。11試合目、16日の亜大4回戦で初アーチを放ったあたりから、一塁から捕手後方へのファウルが増加。本来のポイントで打ち始めた。

2発目の2ラン(22日、国学院大1回戦)は「えぐい」の一言。逆方向の右中間へドスンだ。打率3割もクリアし、最後に4番も経験した。

出典 日刊スポーツ

 

森下翔太選手は1年春のリーグ戦で、14試合に出場し、49打数15安打、2本塁打、9打点、8四死球、1盗塁、14三振、打率.306を記録し、1年生ながら外野手としてベストナインに選出!

 

 

森下翔太選手は、高校通算57本塁打の強打の外野手。

 

森下翔太選手の動画はコチラ

Sponsored Links

森下翔太選手のスカウト評

中日・佐藤充スカウト(2018/3/9付)

「飛ばす力は高校生で抜けている。 足もあるし、走攻守のバランスもいい。ひと冬越えた成長ぶりが楽しみ」

 

中日・中田スカウトディレクター(2018/3/28付)

「走攻守の三拍子がそろっている。タイプは内川みたい。引きつけてしっかり打てている」

 

ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク(2018/5/21付)

「森下君はいつも全力プレーで、チームに好影響を与えられる。少し調子を落としていたようですが、野球に対する姿勢は変わらないですし、素晴らしいです。自分の結果が良くなくても、同じようにプレーできるのは活躍する上で大事な要素。だから、最後に大事な場面で1本出たんじゃないでしょうか」

森下翔太選手の兄?

森下翔太選手を検索すると、兄というキーワードが出てきます。

 

ちょっと気になるので、調べてみたら、トライアスロンに同姓同名の森下翔太選手というジュニアがいるようです。

 

しかも、トライアスロンの森下翔太選手は兄の方で、弟の方は森下慶也選手というそうです。

 

だから、「森下翔太 兄」というキーワードがあるようです。

最後に

森下翔太選手は中央大学に入学して、すぐに活躍しているということは、やはりセンスがあるのでしょう。

 

2022年のドラフト候補で1位に指名されるような選手に成長してほしいですね。

Sponsored Links