天理大学の森浦大輔投手は、出所の見づらいフォームからキレの良いボールを投げる左腕投手!

 

派手さはないものの、試合を作れる投手として評価が上がってきています。

 

今回は、天理大学のドラフト候補・森浦大輔投手に注目しました。

Sponsored Links

森浦大輔投手のプロフィール

森浦大輔(もりうら だいすけ)投手は1998年6月15日生まれ。

 

和歌山県新宮市出身。

 

身長175cm、体重71㎏、左投げ左打ち。

 

森浦大輔投手は、新宮市立丹鶴小学校1年から野球を始め、新宮市立緑丘中学校では軟式野球部でプレー。

 

中学校卒業後は天理高校に進学し、1年夏からベンチ入り。

 

1年夏の奈良大会は、3回戦の西和清陵高校戦に2番手で登板して4回2安打5奪三振無失点と好投しましたが、決勝の智弁学園高校戦では、先発として登板して1回4安打1四死球1奪三振4失点と打ち込まれ、試合も6対8で敗れています。

 

1年秋の近畿大会は、1回戦の報徳学園高校戦で2番手で登板して3回ノーヒット無失点、準々決勝の大阪桐蔭高校戦で9回8安打1四死球6奪三振2失点完投、決勝の立命館宇治高校戦でも先発して6.1回4安打6四死球3奪三振4失点に抑え、天理高校の優勝に貢献!

 

翌2年春の選抜大会は、1回戦の糸満高校戦で2番手で登板して1回ノーヒット1奪三振1失点、2回戦の健大高崎高校戦で2番手で登板して0.2回をノーヒット無失点に抑えましたが、2回戦で敗退しています。

 

2年夏の奈良大会は、3回戦の五條高校戦で5回2安打1四死球5奪三振完封(5回コールド)、準決勝の畝傍高校戦で9回4安打3四死球4奪三振完封と好投!

 

続く、2年夏の甲子園大会は、初戦で創成館高校と対戦しましたが、2対3で惜敗しています。(森浦大輔投手は登板せず)

 

3年夏の奈良大会は、2回戦の奈良女大付属高校戦で5回1安打11奪三振完封(5回コールド)、3回戦の御所実業高校戦で先発して6回6安打2四死球4奪三振無失点、準々決勝の奈良朱雀高校戦で先発して2回1安打3奪三振無失点、準決勝の奈良大付属高校戦で2番手で登板して1.2回をノーヒット1四死球1奪三振無失点に抑え、決勝でも、村上投手を擁する智弁学園高校を相手に8回7安打5四死球3奪三振6失点完投と力投しましたが、5対6で惜敗し、甲子園出場を逃しています。

 

森浦大輔投手は高校卒業後は天理大学に進学し、1年春からリーグ戦に登板!

 

1年春の大阪産業大学戦で初先発し、8回を2安打2四死球12奪三振1失点に抑え、リーグ戦初勝利を達成!

 

1年春は、5試合に登板して3勝0敗、防御率0.92の好成績を残し、MVPを獲得し、1年秋も7試合に登板して5勝1敗、防御率2.50をマークし、MVPと最優秀投手賞を受賞しています。

 

その後も、森浦大輔投手は登板を重ね、3年秋のリーグ戦終了時点で17勝9敗の成績をマーク!

 

新型コロナの影響で、4年春のリーグ戦は開催中止となりましたが、4年秋のリーグ開幕戦の追手門学院大学戦では6回3安打無四死球7奪三振1失点完投(6回コールド・特別ルール)と好投!

 

続く、甲南大学戦でも、スカウトが視察する中、1安打10奪三振完封しています。

今秋ドラフト候補に挙がる天理大の最速148キロ左腕・森浦大輔投手(4年=天理)が先発し、1安打10奪三振と快投。リーグ通算4度目の完封勝利を飾り「テンポよく投げることを意識していたので、打ち取る投球ができてよかった」と胸を張った。

出典 スポニチ

 

森浦大輔投手は、全国大会には1年夏の全日本大学野球選手権と2年夏の全日本大学野球選手権に出場!

 

1年夏の全日本大学野球選手権では、2回戦の大阪商業大学戦に先発して9回4安打3四死球16奪三振2失点完投、準々決勝の立教大学戦に2番手として登板し2.1回3安打4奪三振、自責点1の成績を残しています。

 

2年夏の全日本大学野球選手権では、1回戦の大阪商業大学戦に先発して2.1回で6安打2四死球1奪三振、自責点5と序盤で降板しています。

 

 

森浦大輔投手は、最速148キロの直球にスライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜる左腕。

 

森浦大輔投手の動画はコチラ

森浦大輔投手のスカウト評

巨人・榑松伸介スカウト部次長(20/9/1付)

「1球1球の質がいい。制球もいいしキレもある。上位候補」

 

中日・山本将道アマスカウトチーフ補佐(20/9/21付)

「春のオープン戦で見たときよりも制球が良くなっている。クロスボール(右打者の内角へ切れ込む直球)をもう少し投げられれば。チェンジアップとスライダーが良いので、球威がもう少し出てくれば…」

 

阪神・山本宣史スカウト(20/9/21付)

「ゲームをつくれる投手で、特にチェンジアップとストレートの腕の振りが変わらないのが彼の特長。3回から球速が落ちたのは、コロナの影響による練習不足もあるかもしれない。球威が戻れば、もっと良い投球ができる」

巨人・高田誠スカウト部参与(2020/9/26付)

「どの球種も勝負球にできる。捕手目線で見るとリードしがいのあるおもしろい投手」

最後に

森浦大輔投手は、天理高校時代から注目された左腕でしたが、大学でさらに成長しましたね。

 

ドラフトでは中位以上で指名されるのではないでしょうか。

 

アピールして、ドラフト上位候補になってほしいですね。

Sponsored Links