白鴎大学の中村伊吹投手は、星琳高校時代から最速144キロの左腕投手として注目されていた投手!

 

大学で、球速は最速147キロまで伸び、2019年ドラフト候補として注目されているようです。

 

今回は、白鴎大学の中村伊吹投手に注目しました。

中村伊吹投手のプロフィール

出典 https://cyclestyle.net/

 

中村伊吹(なかむら いぶき)投手は、福岡県北九州市出身の投手。

 

身長180cm、体重72㎏、左投げ左打ち。

 

小学校からソフトボールを始め、北九州市立花尾中学校時代は軟式野球部に所属。

 

中村伊吹投手は、中学校卒業後は星琳高校に進学し、1年からベンチ入り。

 

2年夏の福岡大会では、2回戦の直方高校戦で先発して8回9安打5失点と打たれましたが、3回戦の小倉工業高校戦で9回2安打2四死球11奪三振無失点、4回戦の戸畑高校戦で9回7安打4四死球6奪三振無失点と好投!

 

そして、5回戦の筑陽学園高校戦でも5回までは無失点に抑えていましたが、6回と7回に失点を重ね、7回途中で降板し、試合も7回コールドで敗れています。

 

3年夏の福岡大会は、初戦の真颯館高校戦で6回6安打無失点、3回戦の自由ケ丘高校戦で9回6安打3四死球4奪三振3失点、4回戦の門司学園高校戦で3回7安打3失点、5回戦の朝倉高校戦で5回7安打1失点の成績を残しましたが、リリーフした投手が打たれ、5回戦で敗退しています。

 

中村伊吹投手は、高校卒業後は白鴎大学に進み、1年春からリーグ戦に出場!

 

2年秋のリーグ戦の新潟医療福祉大学戦で5安打8奪三振で初完封し、3年春のリーグ戦では2勝0敗、防御率0.38の成績を残し、最優秀防御率を受賞しています。

 

中村伊吹投手は、全国大会には3年春の全日本大学野球選手権大会に出場し、2回戦の中京大学戦で2番手で登板して3.2回2安打2四死球4奪三振、自責点0、準々決勝の東北福祉大学戦で2番手で登板して5回6安打1四死球5奪三振、自責点0の成績を残しています。

Sponsored Links

中村伊吹投手は、最速147キロの速球にスライダー、チェンジアップ、カーブなどの変化球を操るスリークォーター左腕。

 

中村伊吹投手は、ボールが微妙に動くくせ球という特徴があり、制球も比較的安定しています。

 

中村伊吹投手の動画はコチラ

最後に

中村伊吹投手は、先発タイプというよりは、中継ぎ・リリーフタイプの投手ですね。

 

成長すれば、ドラフト候補としても評価が高まるでしょう。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links