オリックスの岡崎大輔選手、広島の高橋昂也投手、西武の愛斗選手など、最近多くのプロ野球選手を輩出している花咲徳栄高校ですが、2019年のドラフト候補といわれているのが、韮澤雄也選手と橋本吏功選手!

 

韮澤雄也選手は、U-18高校日本代表第1次候補にも選出されていました。

 

今回は、U-18高校日本代表第1次候補に選出された韮澤雄也選手に注目しました。

Sponsored Links

韮澤雄也選手のプロフィール

 

韮澤雄也(にらさわ ゆうや)選手は2001年5月20日生まれの17歳。

 

新潟県魚沼市出身。

 

身長176cm、体重80㎏、右投げ左打ち。

 

韮澤雄也選手は、小学校1年から新潟南リトルで、投手とショートを務め、魚沼市立堀之内中学校時代は新潟シニアでプレー。

 

中学校卒業後は花咲徳栄高校に進学。

韮澤は新潟を出て花咲徳栄に進学することを決断する。「バッティングがすごいところに魅力を感じていて、当時3年生だった岡﨑 大輔さん(オリックス)に憧れました」と入部を決断した。

出典 高校野球ドットコム

 

韮澤雄也選手は、花咲徳栄高校では、1年春からベンチ入り。

 

1年夏の埼玉大会では、4回戦の武蔵越生高校戦で代打で出場してヒットを放っています。

 

花咲徳栄高校は、その後、決勝で浦和学院に勝ち、甲子園に出場し、韮澤雄也選手も甲子園大会メンバーに入りましたが、出場機会はありませんでした。

 

1年秋の新チームからはショートのレギュラーを獲得!

 

1年秋の埼玉大会では、3番ショートで出場し、準決勝の山村学園高校戦で4打数2安打2打点、決勝の市立川越高校戦で3打数1安打1打点と活躍し、花咲徳栄高校の埼玉大会優勝に貢献しています。

 

続く、1年秋の関東大会では、初戦で中央学院高校と対戦し、韮澤雄也選手は3打数2安打を記録しましたが、試合は3対6で敗れています。

 

2年春の埼玉大会では、決勝で浦和学院に敗れ、埼玉2位で関東大会に出場!

 

2年春の関東大会では、1回戦の専大松戸高校戦で6打数3安打4打点をマークし、守備でも三遊間の深い位置からアウトにする好プレーを見せました。

 

続く、2回戦の東海大相模高校戦でも、韮澤雄也選手は3打数1安打1打点を記録しましたが、試合は9回サヨナラで敗れています。

 

2年夏の北埼玉大会では17打数6安打3打点の成績を残し、花咲徳栄高校の北埼玉大会優勝に貢献!

 

続く、2年夏の甲子園大会では、1回戦の鳴門高校戦で2打数1安打2四死球1打点、2回戦の横浜高校戦で3打数1安打2四死球1打点を記録しましたが、試合は6対8で敗れています。

 

秋の新チームから韮澤雄也選手は主将となりましたが、2年秋の埼玉大会は3回戦で埼玉栄高校に敗れています。

 

韮澤雄也選手は、軽快な守備とシャープな打撃が魅力のショート。

 

ストイックで、闘志を内に秘めるタイプのようですね。

U18高校日本代表1次候補による「国際大会対策合宿」が7日、全日程を終了した。

31名が参加。17年夏の甲子園優勝メンバーでもある花咲徳栄(埼玉)・韮沢雄也内野手(3年)は「根性」でアピールした。

同校・岩井隆監督(49)から「日本一のショートをとるつもりでいけ」と送り出されたが、2日目の紅白戦で暗転。3打席目に右足アキレス腱(けん)上部に死球を受け、両肩を担がれて退場した。

同じ遊撃手の駿河総合(静岡)・紅林弘太郎内野手(3年)らライバルたちがアピールを続ける中、韮沢は打撲の治療と静養に終始した。

一夜明け、3日目最終日。日本代表の永田裕治監督(55)は韮沢には引き続き無理をさせない方針でいた。「そう話そうと思ったら、もう勝手にウオーミングアップを始めてましたよ。いい根性してますよね」。どちらかというと、もの静かで内に秘めるタイプ。岩井監督も「闘争心も見たい」と日頃から求めてきた。「高校のトップということで、技術も意識も得るものが多くありました」と韮沢。触発されたものは多かったようだ。

最終日のシート打撃では、羽黒(山形)の好投手・篠田怜汰(3年)から左中間三塁打。木製バットを振り抜いた打球は失速せず、持ち前の打撃をアピールした。花咲徳栄では1年秋から不動の遊撃手。この2日間の実戦練習では、バッテリーと一塁以外は全て守った。「いつもと違う景色で野球を見ることができた。楽しかったです」

出典 日刊スポーツ

 

韮澤雄也選手の動画はコチラ

Sponsored Links

韮澤雄也選手のスカウト評

NPB球団スカウト(2018/6/14付)

「打撃が柔らかく、コンパクトでバットの出し方もいい」

 

DeNA・武居スカウト(2019/7/13付)

「逆方向を意識してシャープに振れている。走塁の意識も高まっている」

 

阪神・畑山統括スカウト(2019/7/13付)

「バットコントロールがうまい。コースへもしっかりと対応している」

 

ロッテ・榎スカウト(2019/7/13付)

「広角に打てる打者。確実にレベルアップしていて、力強さも感じる」

最後に

韮澤雄也選手は、今よりもスピードとパワーが付いてくれば、充分ドラフトで指名されるような選手になるでしょう。

 

性格も真面目なようなので、頑張ってほしいですね。

Sponsored Links