Sponsored Links

上武大学は最近、プロ野球選手を多く輩出する学校になってきました。

 

DeNAの井納翔一投手、オリックスの安達了一選手、元DeNAの加賀繁投手、阪神の島田海吏選手など、プロ野球でも活躍している選手が結構います。

 

そんな上武大学で、2019年ドラフト候補として名前が挙がるのが、西村雅暉投手です。

 

今回は、上武大学の西村雅暉投手に注目してみました。

西村雅暉投手のプロフィール

出典 https://yakyutaro.jp/

 

西村雅暉(にしむら まさき)投手は、福岡県福岡市出身。

 

身長185cm、体重85kg、右投げ右打ち。

 

西村雅暉投手は、小学校の時にビクトリーアローズで野球を始め、福岡市立当仁中学校時代は福岡城南シニアでプレー。

 

西村雅暉投手は中学校卒業後は、熊本国府高校に入学し、1年春からベンチ入り。

 

1年秋からはエースで4番で起用され、1年秋の熊本大会2回戦の鎮西高校戦では、延長12回に2点を奪われ、2対4で敗れています。

 

2年夏の熊本大会では、2回戦の八代工業高校戦で6回1安打無失点、3回戦の開新高校戦で4番レフトで出場して5打数2安打1打点、4回戦の熊本工業高校戦で4番レフトで出場して4打数2安打、投手としても2番手で登板し4.1回を投げましたが、6対11で敗れています。

 

2年秋の熊本大会以降は、右肩痛の影響により登板を回避し、主にレフトでの出場を果たしていましたが、3年春の熊本大会3回戦の文徳高校戦で投手として復帰し、熊本大会優勝で出場した九州大会初戦の九産大九州高校戦に2番手で登板して2回1安打2失点の成績を残しています。

 

3年夏の熊本大会は、初戦で松橋高校と対戦し、西村雅暉投手は4番レフトで出場して4打数3安打の成績を残しましたが、登板はせず、試合も3対4で敗れています。

 

西村雅暉投手は高校卒業後、上武大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場!

 

2年春のシーズンには3勝0敗、防御率1.50の成績を残し、新人賞を獲得しています。

 

しかし、3年春秋のシーズンは調子が上がらず、好成績を残すことができませんでした。

 

西村雅暉投手は全国大会には、1年春の全日本大学野球選手権大会と2年春の全日本大学野球選手権大会に出場!

 

1年春の全日本大学野球選手権大会は、準決勝の中央学院大学戦に4番手で登板して3回2安打1失点、2年春の全日本大学野球選手権大会は、2回戦の福井工業大学戦で2番手で登板して2回2安打1四死球4奪三振1失点、準決勝の 国際武道大学戦で5回を1安打3四死球5奪三振無失点の好投を見せましたが、リリーフした投手が打たれ、2対3で敗れています。

Sponsored Links

西村雅暉投手は、最速149キロの速球にスライダー、カーブ、チェンジアップなどの多彩な変化球を持つ本格派右腕ですが、着地が早く、開きが早いため、ボールが見やすいようです。

 

西村雅暉投手の動画はコチラ

最後に

西村雅暉投手は、プロ志望のようですが、3年生の時のような状態だと、ドラフト指名は厳しいと思います。

 

2年春の輝きを取り戻して、評価が上がるように、頑張ってほしいですね。

Sponsored Links