龍谷大平安高校は、野澤秀伍投手と豊田祐輔投手のダブル左腕が注目されます。

 

野澤秀伍投手は、出所がわかりにくいフォームが特徴の左腕で、最速138キロの投手!

 

今回は、龍谷大平安高校の野澤秀伍投手に注目しました。

Sponsored Links

野澤秀伍投手のプロフィール

野澤秀伍(のざわ しゅうご)投手は、2001年9月13日生まれの17歳。

 

岐阜県可児市出身。

 

身長174cm、体重73㎏、左投げ左打ち。

 

野澤秀伍投手は、可児市立南帷子小学校1年から南帷子スポーツ少年団で野球を始め、可児市立西可児中学校では美濃加茂シニアに所属していました。

 

中学校卒業後は龍谷大平安高校に進み、2年春からベンチ入り。

 

2年夏の京都大会は、2回戦の京都八幡高校戦で先発して5回3安打3四死球3奪三振1失点の成績を残しましたが、3回戦以降は登板機会を与えられませんでした。

 

また、龍谷大平安高校は2年夏の京都大会で優勝し、甲子園に出場していますが、野澤秀伍投手はベンチ入りを果たすものの、登板機会がなく、3回戦で敗退しています。

 

野澤秀伍投手は、2年秋の京都大会は背番号11番を背負って出場しましたが、2年秋の京都大会では調子が上がらず、失点を重ねていました。

 

龍谷大平安高校は、準決勝の京都国際高校に8回決勝点を奪われ、準決勝で敗れましたが、3位決定戦で京都外大西高校を5回コールドで下し、近畿大会に出場!

 

2年秋の近畿大会では、野澤秀伍投手は、1回戦の天理高校戦で2番手で登板して0.1回をノーヒット無失点、準々決勝の市立和歌山高校戦で2番手で登板して6.2回を2安打6奪三振1失点、準決勝の履正社高校戦で先発して7回3安打2四死球3奪三振完封(7回コールド)、決勝の明石商業高校戦で先発して、延長12回11安打4四死球8奪三振1失点で完投し、龍谷大平安高校の優勝に貢献!

 

野澤秀伍投手は、近畿大会で26回を投げて、1失点、防御率0.35の圧巻のピッチングでした!

11回まで違いに無得点。両者譲らぬ白熱した投手戦となった。延長12回表、龍谷大平安は失策から走者を出し1点を失ったが、野沢は集中力を切らさなかった。「自分が投げ抜く気持ちでした」と、続く1死二塁のピンチも後続を断ち切った。直後の12回裏2死満塁から、3番多田龍平捕手(2年)が右翼へ2点適時打を放ち、劇的なサヨナラ勝ちを決めた。

前日3日の準決勝でも野沢は101球で7回完投。この日は12回179球を投げ抜いたが、最後まで球威は衰えなかった。「1番を取り返すために」。府大会では背番号1を背負いながら、今大会は背番号11。悔しさが原動力になった。勝利に導く堂々のピッチングに原田英彦監督(58)は「ピッチャーの軸がいなかったが、1本軸になってくれてチームが機能するようになった。よく投げてくれた」と好投をたたえた。

出典 日刊スポーツ

 

しかし、近畿大会優勝で出場した明治神宮大会では、1回戦の札幌大谷高校戦に先発しましたが、5.1回5安打2四死球2奪三振、自責点2ながら、ミスが出て、初戦敗退しています。

「近畿大会のときは1球1球に緊張感があって、集中していた。その緊張を持ち味の声でほぐしていくスタイルだったのが、今日はリラックスしすぎていた」と奥村は言う。普段からストレッチなどの準備に時間をかけ、ルーティンも大事にしている平安。慣れていない神宮球場では、「いつも通り」が貫けなかった。

投手の野沢秀伍(2年)も浮足立っていた。1死満塁、投ゴロをつかむと二塁へ悪送球。本塁に投げて併殺を狙うのがセオリーだったが、「状況判断ができていなかった」。傷口を広げ、この回5点を失った。

京都3位から近畿王者に駆け上がった今秋。試合を重ねるごとに課題を克服した。特に守備のレベルアップが光っていた。近畿大会決勝、延長十二回の末、2―1で競り勝った明石商(兵庫)戦では、内野陣が難しいゴロを処理した後、ワンバウンド送球を徹底していた。

そうやって鍛えてきた矢先の1試合3失策。原田監督は「京都の予選のときのチームに戻ってしまいました。近畿のみなさんに申し訳ない」と嘆いた。出場が確実視される来春の選抜大会に向け、監督は厳しい表情で言った。「やっぱり基本です。基本的なことを繰り返す」。この冬、また一からたたき上げる。

出典 https://vk.sportsbull.jp/

 

3年春の選抜大会は、1回戦の津田学園高校戦に先発して延長11回4安打2四死球7奪三振無失点完投、2回戦の盛岡大付属高校戦で先発して9回12安打1四死球7奪三振1失点完投、準々決勝の明豊高校戦で2番手で登板して4.1回を5安打1四死球4奪三振1失点と好投を続けましたが、試合は延長11回で0対1で惜敗しています。

 

野澤秀伍投手は、最速138キロの速球にスライダー、カーブ、チェンジアップを操る出所がわかりにくい左腕。

 

龍谷大平安高校の監督は、「今まで指導してきた左腕ではトップクラス」と話しているそうです。

 

野澤秀伍投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

出所がわかりにくい左腕というのは厄介な投手なので、初めて対戦するチームは苦労しそうですね。

 

野澤秀伍投手は高卒プロという感じではありませんが、打ちにくさを追求して、大学や社会人でドラフト候補として成長した姿を見せてほしいですね。

Sponsored Links