和歌山高校の落合秀市投手が、日米5球団が視察する3年春の和歌山大会初戦で、自己最速タイとなる147キロの速球で9回途中を9奪三振と好投を見せたようですね。

 

落合秀市投手は、実績はあまりないようですが、既にメジャーのスカウトからも注目される存在になっています。

 

今回は、和歌山高校の落合秀市投手に注目しました。

Sponsored Links

落合秀市投手のプロフィール

落合秀市(おちあい しゅういち)投手は、和歌山県和歌山市出身。

 

身長185cm、体重90㎏、右投げ右打ち。

 

落合秀市投手は、中学時代は和歌山ビクトリーズに所属し、中学校卒業後は和歌山東高校に進学。

 

2年夏の和歌山大会準々決勝の向陽高校戦では先発し、5回を3安打1失点に抑える好投を見せています。(試合は1対2で敗退)

 

翌3年春の和歌山大会2回戦の簑島高校戦では、先発して8.2回を9奪三振3失点と抑え、打撃でも8回に同点打を放つ活躍で、チームの勝利に貢献しています。

プロ注目の和歌山東・落合秀市投手(3年)が春の公式戦初戦に臨み、8回2/3を3失点。直球は自己最速タイとなる147キロを計時し、9三振を奪うなど力投を見せた。
苦しい展開だった。6回まで0―2と味方の援護に恵まれなかったが、粘り強いピッチングを披露。カーブでカウントを稼ぎ、大崩れしなかった。4回からは無安打投球。6~8回を三者凡退に仕留めると、8回には自ら同点打を放ち、逆転劇を呼び込んだ。9回は2死満塁から押し出し四球を与え降板したが、最後まで球威は衰えず。「後半、ストレートが抜けていたので体力をつけたい」と次戦への課題を口にしたが、光る才能を見せつけた。

出典 スポニチ

 

 

落合秀市投手は、最速147キロの速球にスライダー、カーブなどの変化球を持つ右腕。

 

中学1年生からスケボー、高校1年生からBMXを始めたそうなので、バランス感覚が良い投手なのかも知れませんね。

 

落合秀市投手の動画はコチラ

Sponsored Links

落合秀市投手のスカウト評

ロイヤルズ・大屋博行国際スカウト(2019/4/21付)

「リストが強い。体つきもプロ好みのサイズで、アウトコースのスライダーも非常にいい。安定した投球ができる」

 

オリックス・古屋編成部副部長(2019/5/11付)

「スカウトがこれだけいても、全く動じていない。球はもちろん、態度もいい」

 

阪神・渡辺スカウト(2019/5/11付)

「直球も強いが、変化球もいいところに決められる器用さもある。体も恵まれていて、素材としては申し分ない」

 

中日・中田アマスカウト・アドバイザー(2019/5/11付)

「(高校生投手四天王と)ポテンシャルの高さは遜色ない」

最後に

落合秀市投手は、スケボーやBMXといった他のスポーツを楽しみながら、野球をやっているというのがいいですね。

 

スケボーやBMXって、バランス感覚や体幹を鍛えるのに良いスポーツだと思います。

 

知らない投手でしたが、ドラフト候補として評価が上ってくるかもしれませんね。

Sponsored Links