Sponsored Links

小松高校の小川琳太郎投手は、星稜高校の奥川恭伸投手の小学校時代からのライバル!

 

2019年最初の星稜高校との練習試合では5回3安打1失点に抑え込んだようですね。

最速140キロを誇る右腕の小川は5回1失点の好投。実は奥川とは小学校時代からのライバル。小川は「ずっと知っています。勝ったり負けたりでした」と振り返る。加賀市立錦城中でも活躍し、当時の奥川も「自分よりいい投手」と最大級の警戒を払っていたという。最後の大会でも全国切符を争うと目されていたが、直接対決を前に小川が敗退。県を制した奥川の宇ノ気中(かほく市)は日本一まで駆け上がった。引退後の合同練習でも一緒になり、互いを意識する間柄だった。

出典 日刊スポーツ

 

今回は、小松高校の小川琳太郎投手に注目しました。

小川琳太郎投手のプロフィール

出典 https://mainichi.jp/

 

小川琳太郎(おがわ りんたろう)は石川県加賀市出身の投手。

 

身長176cm、体重64㎏、右投げ左打ち。

 

小川琳太郎投手は、 加賀市立錦城中学校時代は軟式野球部でプレーし、小松高校に進学。

 

小松高校では1年からベンチ入り。

 

1年夏の石川大会は、いずれもリリーフで登板し、3回戦の津幡高校戦では3回ノーヒット無失点の好投をしましたが、相手投手に完封負けを喫し、3回戦で敗退しています。

 

1年秋の石川大会は、3回戦の大聖寺実業高校戦で完封しましたが、準決勝の星稜高校戦では5回7安打4四死球2奪三振、自責点5と打ち込まれて敗退。

 

続く、3位決定戦の金沢学院高校戦では、9回7安打2四死球11奪三振2失点と力投しましたが、1対2で惜敗しています。

 

2年夏の石川大会は、2回戦の北陸学院高校戦で9回7安打2四死球5奪三振1失点、3回戦の羽咋高校戦で2番手で登板して6回1安打1四死球6奪三振無失点、準々決勝の金沢市立工業高校戦で9回10安打2四死球5奪三振2失点と好投しましたが、準決勝の金沢学院高校戦で延長10回に2点を奪われ、準決勝敗退しています。

 

また、2年秋の石川大会は、初戦で飯田高校に0対1で敗れ、初戦敗退しています。

 

Sponsored Links

 

小川琳太郎投手は、最速140キロの速球にスライダー、ツーシームなどの変化球を交える細身の右腕。

 

もう少し、体ができてくると、球速が伸びてきそうです。

 

小川琳太郎投手の動画はコチラ

小川琳太郎投手のスカウト評

中日・音重鎮スコアラー(2019/3/9付)

「小川君もいい投手と聞いていたけど、やっぱりよかった。体をしっかり作れば面白い投手になる」

最後に

小川琳太郎投手は、クレバーな投手のようですね。

 

体を作っていけば、ドラフト候補としても、将来伸びていきそうです。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links