スリー・クオーターとサイドの中間のロークオーターから最速150キロをマークする亜細亜大学の岡留英貴投手!

 

4年春のリーグ戦では期待を裏切るピッチングとなりましたが、肘の位置を少し下げフォームを修正した4年秋のシーズンでは、スカウトから球質が良くなったと評価が上がっています。

 

今回は、亜細亜大学のドラフト候補・岡留英貴投手に注目しました。

Sponsored Links

岡留英貴投手のプロフィール

岡留英貴(おかどめ ひでたか)投手は沖縄県糸満市出身。

 

身長180cm、体重77㎏、右投げ右打ち。

 

岡留英貴投手は、糸満市立兼城小学校から糸満市立兼城中学校を経て、沖縄尚学高校に入学。

 

3年春の九州大会は、初戦の鹿町工業高校戦で先発して7回6安打1失点と好投しましたが、準々決勝で秀岳館高校に敗れています。(岡留英貴投手は登板せず)

 

3年夏の沖縄大会は3試合に先発しましたが、準々決勝で糸満高校に競り負け、甲子園出場を果たすことはできませんでした。

 

岡留英貴投手は、高校卒業後は亜細亜大学に進学し、1年秋に投球フォームを改造!

沖縄尚学高時代はオーバースローだったが、亜大入学後の1年秋に回転軸との関係から腕を下げるように生田勉監督からアドバイスされ、スリー・クオーターとサイドの中間あたりから腕が出る“ロー・クオーター”となった。現在も亜大出身投手が在籍している3球団のスカウトは、希少な右腕の初戦に注目しての視察だった。

出典 サンスポ

 

1年秋の中央大学との2回戦で、2番手で登板して、4回2安打1四死球2奪三振無失点に抑え、リーグ戦初勝利を達成!

 

その後も、岡留英貴投手は主にリリーフ中心に登板し、平内龍太投手らが抜けた4年春は、先発の柱として期待され、国学院大学との開幕戦に先発投手として登板!

 

しかし、結果は5回5被安打1四死球5失点と打たれ、その後はリリーフに回っています。

 

8月に肘の位置を少し下げ、フォームを修正して臨んだ4年秋のリーグ戦では、青山学院大学との1回戦に3番手で登板し3回1安打6奪三振無失点、青山学院大学との2回戦では3番手で登板し6回2安打1四死球7奪三振無失点と好投しています。

「心技体」充実した秋を迎えている。春のリーグ戦では、期待されながらも6試合に登板し1勝1敗。「今までで一番悔しいシーズンでした。4年生なのに、全く頼りにならなくて…松本健だけに任せてしまった。本当に申し訳なかったです」。秋のリーグ戦へ向け、8月には肘の位置を少し下げフォームを修正。腕が振れるようになり「ロースリークオータ」から繰り出す球は球威が増した。13日の青学大との1戦目には、中継ぎで3イニングに登板。この日は、変化球を多投し、キレのある真っすぐで空振りを奪う。1戦目とは違う投球を見せる心の余裕も見せた。

出典 日刊スポーツ

 

 

岡留英貴投手は、スリー・クオーターとサイドの中間のロー・クオーターという独特のフォームから最速150キロの直球にスライダー、カーブ、カットボールなどの変化球を織り交ぜる右腕投手。

 

岡留英貴投手の動画はコチラ

岡留英貴投手のスカウト評

ロッテ・永野スカウト部長(2021/3/4付)

「(プロで)少ないタイプで、昨秋に比べ、コントロールがよかった。真っすぐとスライダーにツーシームを加えて、投球の幅が広がっている」

 

ロッテ・榎チーフスカウト(2021/3/5付)

「独特のサイドハンド。球が強いので魅力ですね」

 

広島・松本スカウト(2021/9/13付)

「回転のいいボールを投げていた。(直球は)伸びているように見える」

 

DeNA・河原スカウト(2021/9/16付)

「腕の位置が合っているんでしょうね。球質がよくなった。指のかかりが良くなって真っすぐが見違える程よくなりました。魅力ありますね」

 

巨人・脇谷スカウト(2021/9/16付)

「真っすぐに力があるのが何よりも魅力。コントロールも良くなった」

最後に

岡留英貴投手は、まだプロ志望届を提出していないようですが、プロ志望届を提出すれば、ドラフトで指名されるでしょう。

 

4年秋のリーグ戦で活躍を続け、アピールしてほしいですね。

Sponsored Links