米子東高校の岡本大翔選手は、中国地区屈指の大型ショート!

 

長打力が期待できる打撃に加え、投手としても140キロをマークする強肩は、ドラフト候補として魅力があります。

 

今回は、米子東高校のドラフト候補・岡本大翔選手に注目しました。

Sponsored Links

岡本大翔選手のプロフィール

岡本大翔(おかもと ひろと)選手は2002年9月12日生まれ。

 

鳥取県伯耆町出身。

 

身長190cm、体重92㎏、右投げ右打ち。

 

岡本大翔選手は、伯耆町立八郷小学校1年の時に八郷少年野球クラブで野球を始め、伯耆町立岸本中学校時代は米子ボーイズでプレー

 

中学卒業後は米子東高校に入学し、1年春からファーストでレギュラーを獲得!

 

1年夏の鳥取大会は、初戦の米子松蔭高校戦に6番サードで出場しましたが、途中交代となり、試合も2対5で敗れています。

 

1年秋の新チームからはショートに転向し、1年秋の鳥取大会準優勝に貢献!

 

続く、1年秋の中国大会は1番ショートで出場し、初戦の開星高校戦で3打数1安打2四死球1犠打飛1打点、準々決勝の倉敷商業高校戦で2打数1安打3四死球、準決勝の呉高校戦で6打数2安打、決勝の広陵高校戦で5打数1安打と活躍し、米子東高校の中国大会準優勝を牽引!

 

翌2年春の選抜大会は、1回戦の札幌大谷高校戦に1番ショートで出場しましたが、4打数ノーヒット1四死球に終わり、試合も敗れています。

 

2年春の中国大会は、初戦の広島商業高校戦に4番ショートで出場し、ソロ本塁打を放ちましたが、5回コールドで敗退しています。

 

2年夏の鳥取大会は4番ショートで出場し、2回戦の鳥取育英高校戦で本塁打を含む3打数2安打3打点、準々決勝の米子松蔭高校戦で3打数2安打1四死球、準決勝の倉吉東高校戦で4打数1安打2打点、決勝の鳥取城北高校戦で本塁打を含む5打数4安打1打点の成績を残し、米子東高校の優勝に貢献しています。

 

その後行われた2年夏の甲子園大会は、初戦の智弁和歌山高校戦で智弁和歌山高校戦で、池田陽佑投手らを相手に4打数3安打と活躍しましたが、初戦で敗れています。

 

3年夏の鳥取県高校野球大会では、初戦の米子高専高校戦に3番ショートで出場し、3球団のスカウトが視察する中、スリーランを放ち、アピールしています。

山陰の大型遊撃手が、初戦からパワーを見せつけた。今秋ドラフト候補の米子東・岡本大翔内野手(3年)が「3番遊撃」でフル出場。3―0の4回1死一、三塁から左中間へ高校通算26号となる3ランを放ち、県大会制覇へ弾みをつけた。
「思ったよりボールがこなくて前で泳がされた感じになりましたが、それでもホームランにできたのは良かったです」

1、2打席目で相手先発のカーブにタイミングを外され凡打に倒れていたが、きっちり修正した。フルカウントから狙い澄ましたカーブを振り抜き、滞空時間の長い打球は大きく弧を描いて柵越え。ロッテなどプロ3球団のスカウトも視察する前での一発に「打った瞬間に入ったと思いました」と顔をほころばせ、ソフトバンクの山崎賢一スカウトも「相手投手に合わせてうまく対応していると思う」と評価した。

出典 スポニチ

 

 

岡本大翔選手は高校通算26本塁打、投手としても140キロをマークする強肩強打の大型内野手。

 

50m走は6秒7。

 

岡本大翔選手の動画はコチラ

岡本大翔選手のスカウト評

ソフトバンク・山崎賢一スカウト(2020/7/12付)

「相手投手に合わせてうまく対応していると思う」

最後に

パワーあふれる打撃に、投手として140キロをマークする強肩を併せ持つ岡本大翔選手は、身体能力の高い大型ショートですが、現状ではドラフト上位候補という感じではないでしょう。

 

 

3年夏の鳥取県高校野球大会で活躍して、ドラフト指名を勝ち取ってほしいですね。

 

 

Sponsored Links