今回は石川県の星稜高校のドクターK・奥川恭伸投手に注目したいと思います。

 

奥川恭伸投手は2018年夏の甲子園の開幕試合に登板し、最速150キロをマークした好投手。

 

2年生で唯一U-18日本代表にも選出されました!

 

現在の球速は最速152キロまでアップしています。

Sponsored Links

奥川恭伸投手のプロフィール

奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)投手は、2001年4月16日生まれ。

 

身長183cm、体重82㎏、右投右打。

 

遠投110m、50m走6秒5。

 

宇ノ気小学校2年の時に、宇ノ気ブルーサンダーで、内野手兼投手として野球を始め、宇ノ気中学校1年の冬には投手に専念しています。

 

中学校3年生の時に全国中学校軟式大会で優勝し、小学校4年生からバッテリーを組んでいた山瀬慎之助選手とともに星稜高校に進学。

 

星稜高校では1年春からベンチ入り。

 

1年秋からは、上級生が怪我をしたこともあって、背番号1を付けエースになり、石川県大会で優勝。

 

北信越大会では、初戦の北陸高校(福井)戦で7安打10奪三振の力投で完封勝ちし、準決勝の富山国際大付属高校戦では最速146キロを計測し、7回コールドで相手を下しています。

 

しかし、決勝戦の日本航空石川高校戦では、奥川恭伸投手が打ち込まれ、星稜高校は10対0の大敗を喫しています。

 

奥川恭伸投手は県大会決勝で日本航空石川高校戦に先発として登板し、打ち込まれたイメージが残っていて、相手の打線を意識し過ぎて、スライダーやツーシームといった変化球が多くなり、本来の投球ができなかったようです。

 

北信越大会決勝で、日本航空石川高校打線に打ち込まれた奥川恭伸投手でしたが、この反省から、冬の期間に回転やコントロールなど質にこだわる練習に取り組み、翌年の春の選抜に出場!

 

2年春に出場した春の選抜大会では、2回戦の富島高校戦で逆転された3回一死一塁の場面で登板し、相手の4番・5番打者を自慢の速球で連続三振に仕留め、見事に火消しをすると、その裏に味方が再逆転に成功。

 

結局、奥川恭伸投手は富島高校打線に対し、6.2回を5安打無失点に抑え、チームの勝利に貢献しました。

 

また、3回戦の近江高校戦でも、先発の竹谷理央選手の後を受けて、2番手で登板し、4.2回を1安打無失点に抑え、チームに勝利を呼び込みました。

 

しかし、準々決勝の三重高校戦では、3回途中から2番手で登板し4.2回を5安打2失点、その後は外野に回り、同点に追いついた後の9回に再びマウンドに上がるものの、打ち込まれ、チームも敗退しています。

準々決勝で敗れた試合後、取材に一通り答えてくれた後は、きりっとした表情で前を向いた。「この大会はやりきった気持ちがある。成長できたと思います。それに優勝までの距離が分かった。制球力、スタミナをつけて夏に戻ってきたい」。そう話す奥川は大きく見えた。

出典 朝日新聞

 

2年夏の大会は、1回戦の藤蔭高校戦で、最速150キロを記録するものの、8回8奪三振4失点。

 

2回戦の済美高校戦では、先発したものの、4回に右ふくらはぎをつるアクシデントで途中降板し、チームも逆転を許し、敗退しています。

 

2年秋の石川大会は、決勝で遊学館高校戦を下して優勝!

 

続く秋季北信越大会では、奥川恭伸投手は準々決勝の松本第一高校戦で先発して5回コールドながら1安打13奪三振無失点!

怒濤(どとう)の10連続三振だ。星稜(石川)が松本第一(長野)に11-0で5回コールド勝ち。来秋ドラフト候補の最速150キロ右腕・奥川恭伸投手(2年)が13奪三振の快投で相手打線を圧倒した。

キレのいい直球を投げ込み、初回から4回の先頭打者まで10者連続三振。林和成監督(43)も「長いこと野球をしていますが、10連続三振は初めてですね」と驚きの声を上げた。相手打者のほとんどはバットに当てられず、11人目の打者はセーフティーバントを試みアウトになった。5回で65球を投げて空振り9、見逃し4の計13奪三振で1安打無失点だった。

出典 日刊スポーツ

 

準決勝の東海大諏訪高校戦でも、奥川恭伸投手は9回5安打1四死球9奪三振と好投し、星稜高校の秋季北信越大会優勝に貢献しています。

 

3年春の選抜大会では、1回戦の履正社高校戦で先発して9回3安打1四死球17奪三振無失点完投と好投しましたが、2回戦の習志野高校戦では、9回で10個の三振を奪いましたが、本塁打を含む7安打を浴び、1対3で敗れています。

 

奥川恭伸投手は最速152キロの速球に加え、スライダー、チェンジアップ、フォークを操る本格右腕で、2019年ドラフト1位候補として、各球団から注目されています。

奥川恭伸投手のスカウト評

阪神・筒井スカウト(2018/3/30付)

「雰囲気は2年生に見えない。気持ちも強いし、投手としての大切なものを持っている。非常に楽しみ」

 

阪神・筒井スカウト(2018/8/6付)

「インパクトがあった。来年が楽しみ」

 

千葉ロッテ・永野チーフスカウト(2018/8/6付)

「来年の1位候補。コントロールが良く、守備も含めて野球センスがある」

 

中日・米村明チーフスカウト(2018/8/6付)

「スケールの大きさ、可能性を感じさせる。あの球質は魅力だし、能力も高い」

 

オリックスの古屋英夫スカウト(2019/3/17付)

「変化球の使い方など、高校生なのに完成度が高い。センバツが楽しみ」

 

米村明アマスカウトチーフ(2019/3/17付)

「完成度なら高校生で恐らく一番。いや社会人、大学を合わせても、そうかも知れない」

 

西武・渡辺GM(2019/3/23付)

「試合をコントロールする能力があり、将来的に日本を代表する投手になり得る。見た目も大きいし、球に力がある。フォークの落差もすごい。抜けている。」

 

ソフトバンク・福山アマスカウトチーフ(2019/3/23付)

「大きく間違えないから、ゲームメーク能力が高い。田中将大投手の高校時代と遜色ない。(状態が)悪い時の奥川君も見てみたい。」

 

日本ハム・大渕スカウト部長(2019/3/23付)

「完成度が高い。本当にいい投手は(私からの)コメントも少ないんです。」

 

オリックス・谷口スカウト(2019/3/23付)

「履正社の清水君も好投手だけれど、奥川君と比べてしまうと大人と子どものように違って見えてしまう。」

 

ロッテ・松本球団本部長(2019/3/23付)

「ものが違う。直球の伸び、スライダーのキレが抜群。高校生のレベルではない。普通は夏に飛び抜けるものだが、この時期に、これだけ投げられる。びっくり。」

 

楽天・後関スカウト部長(2019/3/23付)

「自分のスタイルを持っている。制球が良いので自滅しない。ある程度、思ったところに投げられ、強弱もつけられる。要所で力を入れるセンスもある。」

 

広島・高山スカウト(2019/3/23付)

「腕が遅れて出てくるのが彼の持ち味。今日は少し高めにぬける球もあったが、スピードがあるので打者は振ってしまう。夏までにもっと伸びそうな選手ですね。」

 

ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク(2019/3/23付)

「真っすぐはもちろん曲がりの遅いスライダーがいい。本当にスケールの大きい投手で楽しみです。」

 

巨人・長谷川スカウト部長(2019/3/23付)

「上体の使い方が柔らかく、投げる瞬間で力を集約するのがうまい。コントロールもいいしスピード以上に低めのボールがきている。本当に楽しみな選手です。」

 

DeNA・吉田スカウト部長(2019/3/23付)

「フォームに癖がないし、鍛えていけばスピードもまだまだ出る。」

 

中日・音スカウト(2019/3/23付)

(星稜OBはやや厳しめ)「初戦にしてはまあまあ。四球を出さないのは評価できる。いろいろな球を試していたね。まだセンバツ。まだまだ上がってくると思うよ」

 

阪神・筒井スカウト(2019/3/23付)

「いい意味で、力通りの投球ができている。大舞台にも臆することなく投げられていますね。バッテリーで考えているのでしょうが、打者への入り方を見ても頭がいいなと感じます。」

 

巨人・長谷川国利スカウト部長(2019/3/28付)

『今すぐ1軍で投げても、5つくらい勝つんじゃないか。引退したばかりの、うちの脇谷スカウトも「すぐプロで投げられる」と言っていた。

変化球の精度もあり、投球の組み立てもできている。イン、アウト、どっちにもキッチリ投げられる。高校野球の大会に1人だけ、プロが混じっている感じ。28年間、スカウトをやっているが、何本かの指に入る。

スピードガンは今の方が出るが、ストライクゾーンに来る球の威力がある。高校生では、なかなかいない。角度もあって、球がふけない。球質もいい。直球のスピンが効いていて、変化球の曲がりが遅い。投げ方はともかく(巨人菅野)智之も、そういう感じ。』

 

ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト・育成部長(2019/3/29付)

「大きい割に体もフォームもバランスがいい。変化球もほぼ操れている。高校生では対応が難しいレベル」

Sponsored Links

最後に

奥川恭伸投手は2年生で唯一のU-18日本代表投手に選出されただけあって、クレバーな投手ですね。

 

3年春の選抜大会を見ても、1人だけ別格のような感じです。

 

後は、怪我しないようにしてほしいですね。

Sponsored Links