Sponsored Links

今回は石川県の星稜高校のドクターK・奥川恭伸投手に注目したいと思います。

 

奥川恭伸投手は2018年夏の甲子園の開幕試合に登板し、最速150キロをマークした好投手。

 

U-18日本代表にも選出されました!

 

まだ、2年生なので、これからどのくらい成長するのか期待したい投手ですね。

奥川恭伸投手のプロフィール

出典 https://goodtime0909.com/

 

奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)投手は、2001年4月16日生まれ。

 

身長183cm、体重82㎏、右投右打。

 

遠投110m、50m走6秒5。

 

宇ノ気小学校2年の時に、宇ノ気ブルーサンダーで、内野手兼投手として野球を始め、宇ノ気中学校1年の冬には投手に専念しています。

 

中学校3年生の時に全国中学校軟式大会で優勝し、小学校4年生からバッテリーを組んでいた山瀬慎之助選手とともに星稜高校に進学。

 

星稜高校では1年春からベンチ入り。

 

1年秋からは、上級生が怪我をしたこともあって、背番号1を付けエースになり、石川県大会で優勝。

 

北信越大会では、初戦の北陸高校(福井)戦で7安打10奪三振の力投で完封勝ちし、準決勝の富山国際大付属高校戦では最速146キロを計測し、7回コールドで相手を下しています。

 

しかし、決勝戦の日本航空石川高校戦では、奥川恭伸投手が打ち込まれ、星稜高校は10対0の大敗を喫しています。

 

奥川恭伸投手は県大会決勝で日本航空石川高校戦に先発として登板し、打ち込まれたイメージが残っていて、相手の打線を意識し過ぎて、スライダーやツーシームといった変化球が多くなり、本来の投球ができなかったようです。

 

北信越大会決勝で、日本航空石川高校打線に打ち込まれた奥川恭伸投手でしたが、この反省から、冬の期間に回転やコントロールなど質にこだわる練習に取り組み、翌年の春の選抜に出場!

 

2年春に出場した春の選抜大会では、2回戦の富島高校戦で逆転された3回一死一塁の場面で登板し、相手の4番・5番打者を自慢の速球で連続三振に仕留め、見事に火消しをすると、その裏に味方が再逆転に成功。

 

結局、奥川恭伸投手は富島高校打線に対し、6.2回を5安打無失点に抑え、チームの勝利に貢献しました。

 

また、3回戦の近江高校戦でも、先発の竹谷理央選手の後を受けて、2番手で登板し、4.2回を1安打無失点に抑え、チームに勝利を呼び込みました。

 

しかし、準々決勝の三重高校戦では、3回途中から2番手で登板し4.2回を5安打2失点、その後は外野に回り、同点に追いついた後の9回に再びマウンドに上がるものの、打ち込まれ、チームも敗退しています。

準々決勝で敗れた試合後、取材に一通り答えてくれた後は、きりっとした表情で前を向いた。「この大会はやりきった気持ちがある。成長できたと思います。それに優勝までの距離が分かった。制球力、スタミナをつけて夏に戻ってきたい」。そう話す奥川は大きく見えた。

出典 朝日新聞

 

2年夏の大会は、1回戦の藤蔭高校戦で、最速150キロを記録するものの、8回8奪三振4失点。

 

2回戦の済美高校戦では、先発したものの、4回に右ふくらはぎをつるアクシデントで途中降板し、チームも逆転を許し、敗退しています。

 

奥川恭伸投手は最速150キロの速球に加え、スライダー、チェンジアップ、フォークを操る本格右腕で、2019年ドラフト上位候補として、各球団から注目されています。

奥川恭伸投手のスカウト評

阪神・筒井スカウト(3/30付)

「雰囲気は2年生に見えない。気持ちも強いし、投手としての大切なものを持っている。非常に楽しみ」

 

阪神・筒井スカウト(8/6付)

「インパクトがあった。来年が楽しみ」

 

千葉ロッテ・永野チーフスカウト(8/6付)

「来年の1位候補。コントロールが良く、守備も含めて野球センスがある」

 

中日・米村明チーフスカウト(8/6付)

「スケールの大きさ、可能性を感じさせる。あの球質は魅力だし、能力も高い」

Sponsored Links

最後に

奥川恭伸投手は2年生で唯一のU-18日本代表投手!

 

U-18日本代表の他の優れた投手から、良い面を吸収して、今よりも良いピッチャーになってほしいですね。

Sponsored Links