明徳義塾高校の奥野翔琉選手は、俊足がウリの外野手!

 

選球眼があり、足が速いので、相手にとっては厄介な存在でしょう。

 

今回は、明徳義塾高校のドラフト候補・奥野翔琉選手に注目しました。

Sponsored Links

奥野翔琉選手のプロフィール

奥野翔琉(おくの かける)選手は2002年7月19日生まれ。

 

京都府舞鶴市出身。

 

身長175cm、体重67㎏、右投げ左打ち。

 

奥野翔琉選手は、舞鶴市立福井小学校の時は福井少年野球クラブでプレーし、明徳義塾中学時代は軟式野球部に所属し、主将も務めています。

 

中学校卒業後は明徳義塾高校に進学し、1年からベンチ入り。

 

2年春の四国大会は7番ライトで出場し、1回戦の徳島北高校戦で2打数1安打1四死球1打点、準決勝の松山聖陵高校戦で4打数2安打2打点、決勝の富岡西高校戦で4打数3安打3打点1盗塁と活躍し、明徳義塾高校の優勝に貢献しています。

 

2年夏の高知大会は6番ライトで起用され、2回戦の小津高校戦で3打数3安打1四死球、準々決勝の高知中央高校戦で4打数2安打1四死球1打点、準決勝の岡豊高校戦で4打数2安打1打点、5番に上がった決勝の高知高校戦でも3打数1安打2四死球1打点の好成績を残し、明徳義塾高校の優勝に尽力しています。

 

続く、2年夏の甲子園大会は5番ライトで出場し、初戦の藤蔭高校戦で2打数1安打2犠打飛1打点、2回戦の智弁和歌山高校戦でも3打数1安打1四死球の成績を残しましたが、2回戦で敗退しています。

 

2年秋の高知大会は1番センターで出場し、3位決定戦で高知商業高校を下し、四国大会に出場!

 

2年秋の四国大会は、1回戦の小松高校戦で4打数2安打1打点1盗塁、準々決勝の徳島北高校戦で4打数2安打2四死球2盗塁、準決勝の高知中央高校戦で3打数2安打1四死球、決勝の尽誠学園高校戦で1打数ノーヒット3四死球1犠打飛と活躍し、明徳義塾高校の優勝に貢献!

 

続く、2年秋の明治神宮大会は、初戦の星稜高校戦で5打数1安打、2回戦の中京大中京高校戦でも3打数2安打をマークしましたが、高橋宏斗投手に抑えられ、7回コールドで敗退しています。

 

3年夏の甲子園高校野球交流試合の鳥取城北高校戦では1番センターで出場し、1打数ノーヒット4四死球2盗塁と結果を残し、明徳義塾高校の勝利に貢献しています。

冬のトレーニングで体重を8キロ増やし、打球の飛距離も向上した。

一方で、長打を狙うあまり、夏の高知県代替大会では「自分勝手なバッティング」になったことを反省。県大会後、監督、コーチからも「お前の持ち味はなんだ」と諭された。

「野球は1人ではできない。打ち方も考え方も変えた」。

この日は1番打者として4つの四死球で出塁し、2盗塁と自分の役割を果たした。五回1死三塁の場面では、浅めのフライで三塁から一気にタッチアップ。最大の長所である足を存分に見せつけた。

出典 デイリー

 

 

奥野翔琉選手は、50m走5秒7の走力に加え、ミート力の高い打撃が魅力の外野手。

 

遠投100m。

 

奥野翔琉選手の動画はコチラ

最後に

奥野翔琉選手は、プロ志望届の提出を明言しているようですね。

 

奥野翔琉選手の脚力に注目している球団はあると思うので、育成を含めれば、ドラフト指名の可能性はあると見ます。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links