福岡ソフトバンクホークスの育成選手だった大竹耕太郎投手が支配下登録されたそうです。

 

大竹耕太郎投手といえば、済々黌高校でも甲子園に出場し、早稲田大学でも、それなりの実績を積んでいた投手でした。

 

福岡ソフトバンクホークスから育成4位で指名された時も、当然拒否して社会人に進むものと思っていましたが、すんなり育成契約を受け入れて入団しました。

 

今回晴れて、大竹耕太郎投手は支配下登録され、1軍に出場する機会を得たのだから、これまでの努力が実ったということなのでしょうね。

 

今回は、支配下登録を見事に勝ち取った大竹耕太郎投手に注目しました。

Sponsored Links

大竹耕太郎投手のプロフィール

大竹耕太郎(おおたけ こうたろう)投手は1995年6月29日生まれ。

 

身長184cm、体重78kg、左投げ左打ち。

 

熊本県熊本市出身。

 

背番号は投手としては珍しい10番になるそうです。

 

田迎小学校4年生の時に、投手として田迎野球少年団で野球を始め、詫麻中学校3年生の時に全国大会に出場しています。

 

中学校卒業後は済々黌高校に進学し、1年夏から背番号10番でベンチ入りし、1年秋から背番号1番を背負いエースに。

 

2年生夏には甲子園に出場し、初戦の鳴門高校戦で4安打1失点で完投勝利を収めています。

 

3年春の選抜大会では、初戦の常総学院戦で9安打を打たれながら、相手に点を与えず完封勝利しましたが、3回戦では安樂智大(現 楽天)投手擁する済美高校に敗れ、甲子園を後にしています。

 

3年夏は地方大会準決勝で敗れ、甲子園に出場することができませんでした。

 

プロ野球スカウトからも注目を集めましたが、志望届は提出せず早稲田大学に進学。

 

早稲田大学では1年春からリーグ戦に登板、2年春からはエースとして出場し、2年時の春季リーグでは、4勝、防御率0.89でベストナインに選ばれています

 

しかし、右膝の怪我の影響から、3年秋と4年春は未勝利に終わり、4年秋の明治大学戦で久々の勝利を手にしています。

 

130キロ台の直球、ツーシーム、スローカーブ、チェンジアップなどを駆使する技巧派左腕として評価され、2017年ドラフト会議で育成4位で指名され入団。

Sponsored Links

大竹耕太郎投手のファームでの成績

2018年

試合数22 8勝0敗 セーブ1 投球回数57.2 被安打40 被本塁打5 奪三振34 四死球11 防御率1.87

 

ファームでは圧倒的な成績を挙げていますね。

 

この成績で支配下登録されなければ、可哀そうです。

大竹耕太郎投手の彼女は?

大竹耕太郎投手には彼女がいるのでしょうか?

 

残念ながら彼女に関する情報が全くないですね。

 

技巧派左腕といわれるように、彼女の存在を上手く隠しているのか、全く彼女がいないのか分かりませんが、いずれ彼女の存在が分かってくるでしょう。

最後に

故障者続出で不調の福岡ソフトバンクホークス投手陣にとって、大竹耕太郎投手の支配下登録は明るいニュースです。

 

単なる技巧派左腕がファームとはいえ、8連勝できるほどプロは甘くないでしょう。

 

おそらく、プロに入ってからキレがよくなったのでしょうね。

 

早い段階で、大竹耕太郎投手の1軍での登板が見られるかもしれません。

 

期待して待ちたいと思います。

Sponsored Links