滋賀学園高校では、昨年、宮城滝太投手がDeNAに育成ドラフトで指名されました。

 

そして、今年は左腕の尾崎完太投手がドラフト候補として注目されているようですね。

 

今回は、滋賀学園高校の尾崎完太投手に注目してみました。

Sponsored Links

尾崎完太投手のプロフィール

尾崎完太(おざき かんた)投手は、大阪府吹田市出身。

 

身長175cm、体重68㎏、左投げ左打ち。

 

尾崎完太投手は、吹田市立南千里中学校時代は豊中シニアでプレーし、滋賀学園高校に進学。

 

2年夏の滋賀大会では、3回戦の比叡山高校戦で先発して2回2安打4四死球3奪三振1失点、準決勝の綾羽高校戦でも先発しましたが、3回途中で打ち込まれ降板し、試合も延長11回サヨナラで敗れています。

 

2年秋の新チームからはエースとなり、2年秋の滋賀大会では、2回戦の大津商業高校戦で9回2安打1四死球14奪三振完封、準々決勝の草津東高校戦でも9回2安打完封と好投しましたが、準決勝の近江高校戦では2番手で登板して6回3失点と打たれ、試合も1対7で敗れています。

「失点は実力不足」。近江との準決勝で6回3失点を許した滋賀学園の主将・尾崎完太投手(2年)は、反省の一言を述べた。初戦の2回戦、準々決勝いずれも完封勝ちを収めるなど好投を続けたが、近畿大会出場が決まる一戦を勝ちきれなかった悔しさがにじんだ。

 夏の滋賀大会でベンチ入りし、準決勝でも登板したが、マウンドに立つと頭が真っ白になり、ミスを連発した。「精神面のコントロールをしよう」。山口達也監督からアドバイスを受け、日々の学校生活や練習態度で意識するようになった。

 自ら主将をやりたいと山口監督に申し出たのも、精神面を鍛えたかったからだ。夏の大会で「チームとして一つにならないと勝てない」と痛感し、自分から声を出していこうという戒めでもあった。

出典 毎日新聞

 

3年春の滋賀大会では、3回戦の草津東高校戦で9回3安打9奪三振完封と好投しましたが、決勝の近江高校戦では6安打4失点と打ち込まれ、4回に降板し、試合も林優樹投手に完封を許し、敗れています。

滋賀学園の最速140キロ左腕・尾崎完太(3年)が、昨夏の甲子園で8強入りした近江に6安打で4点を奪われ、4回で降板した。

 巨人など3球団が視察した中で最速139キロをマークしたものの、チームは3安打で完封負け。初優勝と初の近畿大会(25日開幕、奈良・佐藤薬品スタジアム)出場を逃した。「相手が近江ということで、力が入ってしまった。(夏までに)1人で投げ抜く体力と、制球力をつけていきたい」と、雪辱を誓った。

出典 スポーツ報知

 

 

尾崎完太投手は、最速140キロの直球にスライダーなどの変化球を織り交ぜる左腕投手。

 

尾崎完太投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

尾崎完太投手は、右打者の内角をえぐるストレートが武器のようですね。

 

近江高校戦の敗戦を糧に、ドラフト候補として成長してほしいと思います。

Sponsored Links