白鴎大学のラミレス・レンソ選手は、ペルー人の父親とペルー人と日本人のハーフの母親を持つペルー国籍の内野手!

 

遠投130mの強肩に長打力を併せ持つ運動能力の高い選手ですが、課題は打撃のようですね。

 

今回は、白鴎大学のドラフト候補のラミレス・レンソ選手に注目しました。

Sponsored Links

ラミレス・レンソ選手のプロフィール

ラミレス・レンソ選手は、1997年6月24日生まれの22歳。

 

栃木県宇都宮市出身。

 

身長173cm、体重85㎏、右投げ右打ち。

 

ラミレス・レンソ選手は、ペルーでプロサッカー選手だったペルー人の父親、ペルー人と日本人のハーフの母親との間に生まれ、国籍はペルーですが、生まれも育ちも宇都宮のようです。

 

小学校3年から瑞穂台学童で野球を始め、宇都宮市立瑞穂野中学校を経て、文星芸大付属高校に進学。

 

文星芸大付属高校では、1年秋からベンチ入り。

 

2年夏の栃木大会は7番セカンドで出場し、1回戦の宇都宮高校戦で3打数2安打3打点、2回戦の大田原高校戦で4打数1安打を記録しましたが、2回戦は2対7で敗れています。

 

2年秋の栃木大会は、2回戦で国学院栃木高校に敗れ、3年春の栃木大会は、初戦で作新学院高校に敗退。

 

3年夏の栃木大会は5番ショートで出場し、1回戦の矢板中央高校戦で2打数1安打、2回戦の真岡北陵高校戦で4打数1安打2打点、3回戦の佐野日大高校戦で4打数1安打、準々決勝の作新学院高校戦で2打数1安打をマークしましたが、準々決勝は延長10回に決勝点を奪われ、甲子園出場は叶いませんでした。

 

高校卒業後は白鴎大学に進学し、1年春からベンチ入り。

 

3年秋のリーグ戦ではサードのレギュラーとして、2本塁打を放ち、最多打点打者(10打点)と初のベストナインを受賞!

 

3年冬からはキャプテンに就任!

黒宮監督がこう話す。

「あの子はムチャクチャ優しいんですよ。キャプテンにした理由もそこなんですけど、人間性が悪ければ本来であれば周りから否定されると思うんです。でも、誰も彼がやることに反対しなかった。

なぜかと言うと彼はチーム内で一番優しい。どの部員に対してもコミュニケーションがとれるし、けっして怒らないんです。その上、大下という絶対的な実力を持つ人間に対しても『やめろ』と言うことができる」

出典 https://number.bunshun.jp/

 

4年春のリーグ戦は、前半戦は打撃の調子が上がりませんでしたが、平成国際大学との1回戦では、3球団のスカウトが視察する中、4打点の活躍!

白鴎大は、プロ注目のラミレス・レンソ内野手(4年)が三回に走者一掃の右中間二塁打と、八回に中犠飛と4打点でけん引。左腕・山田啓太投手(3年)、右腕・大関竜登投手(3年)、プロ注目の左腕・中村伊吹投手(4年)の継投で4失点に抑え、辛くも逃げ切った。

3球団のスカウトが視察する中でラミレスは、「リーグ戦前半は打撃の調子がよくなかったが、少し上がってきた。二塁打は直球。犠飛はたぶん変化球だと思う」と、勝利にホッとした表情を見せた。

出典 サンスポ

 

4年秋のリーグ戦では5番サードで出場し、10月5日現在で3本塁打を放つ活躍を見せています。

 

 

ラミレス・レンソ選手は、遠投130mの強肩に長打力が魅力の運動能力の高い内野手。

 

波の激しい打撃がもったいないですね。

打撃フォームもメジャーばりの迫力だ。当たった時の飛距離はすごい。「波が激しいんですよ。いいときは何も考えずに自然といけるんですけどね」。黒宮寿幸監督(48)は「責任感が強い選手。上体が強いこともあって、力むと軸がぶれやすい」と話すも、改善可能とふんでいる。

出典 日刊スポーツ

最後に

ラミレス・レンソ選手はプロ志望届を提出しましたね。

 

身体能力は高いので、ドラフトでも下位や育成なら可能性はあると思います。

 

指名されるといいですね。

Sponsored Links