2019年夏の甲子園大会に出場する静岡高校の注目選手といえば、昨年春の選抜大会で活躍した齋藤來音選手でしょう。

 

齋藤來音選手は、身体能力の高いドラフト注目の選手!

 

今回は、静岡高校の齋藤來音選手について調べてみました。

Sponsored Links

齋藤來音選手のプロフィール

齋藤來音選手は、2001年10月27日生まれの17歳。

 

読み方は「さいとう らいね」と読むそうです。

 

静岡県磐田市出身。

 

身長178cm、体重75㎏、右投げ左打ち。

 

齋藤來音選手は、小学校の時は中泉クラブに所属し、小学校6年生の時に石川昂弥選手らとともに中日ドラゴンズジュニアに選出されています。

 

磐田東中学校時代は軟式野球部でプレーし、静岡高校に進学。

 

静岡高校では1年秋からライトでレギュラーを獲得!

 

1年秋の静岡大会決勝の常葉大菊川高校戦では2番ライトで出場し、4打数1安打を記録しています。(決勝は9対7で勝利)

 

続く、1年秋の東海大会は、準々決勝のいなべ総合高校戦で3打数1安打、準決勝の中京学院大中京高校戦で4打数3安打、決勝の東邦高校戦で3打数1安打と活躍し、静岡高校の優勝に貢献!

 

明治神宮大会では、2回戦の日本航空石川高校で5打数1安打、準決勝の明徳義塾高校戦では市川悠太投手を相手に3塁打を放つ活躍を見せましたが、試合は3対5で敗れています。

 

翌2年春の選抜大会は3番ライトで出場し、初戦の駒大苫小牧高校戦で4打数3安打4打点と活躍しましたが、3回戦の東海大相模高校戦では3打数ノーヒット1四死球1三振と抑えられ、試合も1対8で敗れています。

 

2年春の静岡大会では、東海大静岡翔洋高校を決勝で破り、東海大会に出場!

 

2年春の東海大会では3番ショートで出場し、初戦の帝京大可児高校戦で4打数1安打、準決勝の東邦高校戦では2ランを放っています。(試合は乱打戦の末敗退)

 

2年夏の静岡大会は3番ショートで出場し、2回戦の沼津城北高校戦で3打数2安打3打点、3回戦の常葉大橘高校戦で5打数2安打2打点、4回戦の飛龍高校戦で4打数1安打1打点をマークしましたが、試合は6対8で敗れています。

 

2年秋の静岡大会は、3位決定戦の加藤学園高校戦で3番サードで出場して4打数3安打と活躍し、加藤学園高校を破り、東海大会に出場!

 

しかし、東海大会初戦の中京大中京高校戦では3打数1安打の成績を残しましたが、7回コールドで敗れています。

 

3年夏の静岡大会は3番ライトで出場し、初戦の清水西高校戦で本塁打を含む3打数2安打1四死球2打点1盗塁、準々決勝の東海大静岡翔洋高校戦で3打数1安打1四死球2打点、準決勝の浜松工業高校戦で1打数ノーヒット3四死球、決勝の駿河総合高校戦で3打数ノーヒット1四死球の成績を残し、静岡高校の優勝に貢献!

 

 

齋藤來音選手は、遠投100m、50m走6秒1の走攻守3拍子揃った選手。

 

内外野をこなすユーテリティなところもウリでしょう。

 

齋藤來音選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

齋藤來音選手は昨年10月に椎間板ヘルニアを発症し、12月に手術、復帰したのは5月だったそう。

 

野球ができずに苦しんでいた時に読んだ論語や孟子は、彼の人としての成長につながったようです。

 

また、体幹トレーニングを行ったことで、パワーも身に着けたようですよ!

 

ドラフト候補として、パワーアップした姿を見せてほしいですね。

Sponsored Links