松阪商業高校の阪本和樹選手は、高校通算59本塁打の右のスラッガー!

 

全国的には無名ながら、逆方向にも長打を打てる打撃は魅力です。

 

今回は、松阪商業高校のドラフト候補・阪本和樹選手に注目してみました。

Sponsored Links

阪本和樹選手のプロフィール

阪本和樹(さかもと かずき)選手は2002年8月29日生まれ。

 

三重県津市出身。

 

身長179cm、体重79㎏、右投げ右打ち。

 

阪本和樹選手は、津市立南が丘小学校3年の時にソフトボールを始め、津市立南が丘中学校では三重ゼッツでプレー。

 

中学卒業後は松阪商業高校に進学し、1年からベンチ入り。

 

1年秋の新チームから4番に座りましたが、1年秋の三重大会は2回戦で津田学園高校に敗れ、2年春の三重大会は地区予選で相可高校に惜敗しています。

 

2年夏の三重大会は、1回戦の宇治山田高校戦に4番投手で出場し、投手としては2回6安打2奪三振4失点、打者として4打数2安打2打点を記録しましたが、1回戦で敗れています。

 

2年秋の三重大会は、4番投手として出場した準決勝の津商業高校戦で、投手として6.1回を5安打2失点、打者として4打数1安打1打点、4番レフトで出場した3位決定戦の三重高校戦で3打数ノーヒットに終わり、チームも東海大会出場を逃しています。

 

3年の三重県高校野球夏季大会は、初戦の松阪工業高校戦ではノーヒットながら3四球を選び、チームの勝利に貢献しています。

過剰なまでの警戒は強打者の証し。6点リードの8回無死二塁。手が届かないゾーンをボールが通る。ちょっぴり残念そうな顔を浮かべながら阪本は一塁へと向かった。2打席凡退の後は3打席連続の四球。それでも「まずはチームの勝利が第一。個人の結果はその後についてくれば」と3得点に胸を張った。
 高校通算59発のスラッガー。ゆったりとした構えから鋭いスイングは癖がなく「持ち味は広角に強い打球を飛ばせるところです」と自信を持つ。

 

 

阪本和樹選手は、高校通算59本塁打をマークする右の強打者。

 

遠投100m、50m走は6秒3。

阪本和樹選手のスカウト評

阪神・熊野スカウト(2020/7/13付)

「彼の長所は打撃だよね。右方向にも大きな打球が打てる」

最後に

阪本和樹選手は逆方向に長打が打てる技術がある選手なので、ドラフト指名の可能性はあると思います。

 

高校最後の夏なので、アピールしてほしいですね。

Sponsored Links