Sponsored Links

2017年の東克樹投手(DeNA)、2018年の辰己涼介選手(オリックス)と2年連続ドラフト1位を輩出した立命館大学ですが、2019年ドラフト候補としては、最速156キロ右腕の福島滉貴投手、148キロ左腕の坂本裕哉投手の名前が挙がります。

 

今回は、立命館大学の148キロ左腕・坂本裕哉投手に注目しました。

坂本裕哉投手のプロフィール

出典 https://www.unn-news.com/

 

坂本裕哉(さかもと ゆうや)投手は、1997年7月28日生まれの21歳。

 

福岡県福岡市出身。

 

身長180cm、81㎏、左投げ左打ち。

 

坂本裕哉投手は、福岡市立玄洋小学校4年から軟式野球を始め、福岡市立玄洋中学校時代は軟式野球部に所属し、投手として九州大会優勝!

 

中学校卒業後は福岡大学附属大濠高校に進学し、1年秋からベンチ入り。

 

2年夏の福岡大会では、2回戦の三池高校戦で先発して8回2安打無失点、4回戦の西日本短大付属高校戦で先発して4.1回7安打5失点の成績を残しています。

 

2年秋の新チームから坂本裕哉投手はエースとなり、3年夏の福岡大会では、初戦の朝倉光陽高校戦で6回1安打10奪三振無失点(6回コールド)と好投しましたが、5回戦の飯塚高校に2対3で敗れています。(坂本裕哉投手は登板せず)

 

坂本裕哉投手は高校卒業後は、立命館大学に進み、2年春からリーグ戦に出場。

 

2年秋の京都大学との1回戦で2番手で登板して、5.2回5安打4四死球3奪三振、自責点1でリーグ戦初勝利!

 

3年春のリーグ戦からは先発投手に定着し、3年春のリーグ戦は5試合に登板し、33回で3勝1敗、30被安打15四死球、38奪三振、防御率3.82をマーク!

 

しかし、3年秋のリーグ戦では、3試合の登板にとどまり、18.2回で2勝1敗、22被安打9四死球19奪三振、防御率3.38の成績でした。

 

坂本裕哉投手は、全国大会には3年春の全日本大学野球選手権大会に出場し、2回戦の国際武道大学戦で先発として登板して、6.2回を6安打1四死球9奪三振自責点2で好投しましたが、味方打線が相手投手に完封され、敗戦投手となっています。

 

また、2018年12月に行われた「侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿」に、坂本裕哉投手は招集されています。

 

Sponsored Links

 

坂本裕哉投手は、最速148キロの速球にスライダー、カーブなどの変化球を織り交ぜる三振奪取率の高い左腕。

 

坂本裕哉投手の動画はコチラ

坂本裕哉投手のスカウト評

ロッテ・山森スカウト(2015/7/6付)

「初戦だからか、真っすぐが多かった。左腕で直球の角度があるが、変化球の切れをもっと見たかった」

最後に

坂本裕哉投手は、左腕で148キロを投げる投手ですが、ドラフト候補としては少々物足りない感じがします。

 

今年1年でどれだけ評価を上げられるか、頑張ってほしいですね。

Sponsored Links