智弁学園高校の坂下翔馬選手は、小柄な体にもかかわらず、3年夏の県大会で5本塁打をマークしたパンチ力のある内野手!

 

守備範囲が広く、軽快なフットワークの守備も魅力があります。

 

今回は、智弁学園高校のドラフト候補・坂下翔馬選手に注目しました。

Sponsored Links

坂下翔馬選手のプロフィール

坂下翔馬(さかした しょうま)選手は、2002年2月13日生まれの17歳。

 

奈良県香芝市出身。

 

身長164cm、体重67㎏、右投げ左打ち。

 

坂下翔馬選手は、香芝市立五位堂小学校1年から五位堂スポーツ少年団で野球を始め、小学校4年から香芝ボーイズに所属していました。

 

2014カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会には、武岡龍世選手らと共に日本代表として選出され、準優勝に貢献!

 

香芝市立香芝東中学校時代は奈良葛城ボーイズでプレーし、中学3年生の時に全国大会で優勝しています。

 

中学卒業後は智弁学園高校に進み、1年夏からレギュラーに!

 

1年夏の奈良大会は2番セカンドあるいはショートで出場し、2回戦の御所実業高校戦で4打数3安打2打点、郡山高校戦で4打数2安打1四死球1打点、準々決勝の登美ケ丘高校戦で4打数2安打2打点、準決勝の天理高校戦で3打数2安打2打点と活躍しましたが、準決勝は7対8で惜敗しています。

 

1年秋の奈良大会は、2番セカンドで出場した準決勝の法隆寺国際高校戦で3打数3安打3打点、同じく2番セカンドで出場した高田商業高校戦で6打数2安打をマークし、智弁学園高校の優勝に貢献!

 

続く、1年秋の近畿大会は、準々決勝の乙訓高校戦で5打数2安打1打点を記録しましたが、4対9で敗れています。

 

翌2年春の選抜大会は、トップバッターに抜擢され、2回戦の日大山形高校戦で3打数2安打1四死球1打点と活躍しましたが、3回戦の創成館高校戦では5打数ノーヒット1三振と抑えられ、試合も9回サヨナラで敗退しています。

 

2年春の奈良大会は1番セカンドで出場し、準決勝の天理高校戦で2打数1安打1打点、決勝の高田商業高校戦で5打数3安打1打点と活躍し、奈良大会優勝に尽力!

 

続く、2年春の近畿大会は、1回戦の市立尼崎高校戦で3打数1安打1打点を記録しましたが、準決勝の大阪桐蔭高校戦では横川凱投手柿木蓮投手に4打数ノーヒットに抑えられ、準決勝で敗退しています。

 

2年夏の奈良大会は、初戦の西の京高校戦で5打数2安打、3回戦の大和広陵高校戦で4打数3安打2打点2盗塁、準々決勝の一条高校戦で5打数2安打1打点と結果を残しましたが、準決勝の天理高校戦では3打数ノーヒットに終わり、試合も7対8で敗れています。

 

2年秋の新チームから主将となりましたが、2年秋の奈良大会は準決勝で天理高校に敗れています。

 

3年春の奈良大会は、決勝で郡山高校を破り優勝!

 

続く、3年春の近畿大会は3番ショートで出場し、初戦の智弁和歌山高校戦で4打数2安打1四死球1打点、 準決勝の近江高校戦で3打数1安打をマークしましたが、林優樹投手に抑えられ、1対3で敗れています。

 

3年夏の奈良大会は3番ショートで出場し、初戦の一条高校戦で2本塁打を含む4打数4安打4打点、3回戦の奈良大付属高校戦で5打数2安打2三振、準々決勝の生駒高校戦でソロ本塁打、準決勝の法隆寺国際高校戦で本塁打を含む4打数3安打1四死球4打点、決勝の高田商業高校戦で本塁打を含む6打数5安打4打点と大活躍し、智弁学園高校の優勝を牽引!

 

 

坂下翔馬選手は、小柄な体ながらパンチ力のある打撃に守備範囲の広い走攻守3拍子揃ったショート。

 

坂下翔馬選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

ドラフト候補としては小柄な坂下翔馬選手ですが、この選手の場合は体の大きさは関係ないように感じます。

 

プロ志望届を出してほしいですね。

Sponsored Links