習志野高校といえば、掛布雅之さんや福浦和也選手を輩出している千葉の名門校!

 

その習志野高校で2年春の選抜大会から4番に座るのが、強打の内野手の櫻井亨祐選手です。

 

今回は、2020年ドラフト候補の櫻井亨祐選手に注目しました。

Sponsored Links

櫻井亨祐選手のプロフィール

櫻井亨祐選手は、千葉県成田市出身。

 

読み方は「さくらい こうすけ」と読むそうです。

 

身長180cm、体重74㎏、右投げ左打ち。

 

櫻井亨祐選手は、小学校の時は下総ファイターズに所属し、小学校6年生で角田勇斗選手諸隈惟大選手とともに千葉ロッテマリーンズジュニアに選出されています。

 

成田市立下総みどり学園中学時代は軟式野球部でプレーし、中学3年生の時に千葉県選抜に選ばれています。

 

中学校卒業後は習志野高校に進学し、1年からベンチ入り。

 

1年秋の関東大会は、1回戦の桐生第一高校戦で8番レフトで起用されて3打数2安打、7番に上がった準々決勝の東海大甲府高校戦で5打数2安打4打点と活躍しましたが、8番に下がった準決勝の桐蔭学園高校戦は2打数ノーヒットに抑えられ、試合も2対4で敗れています。

 

翌2年春の選抜大会は、4番ファーストで出場した1回戦の日章学園高校戦で4打数ノーヒット1犠打飛、5番に下がった2回戦の星稜高校戦で奥川恭伸投手を相手に4打数2安打、再び4番に上がった準々決勝の市和歌山高校戦で4打数ノーヒット1四死球、準決勝の明豊高校戦で本塁打を含む4打数2安打1四死球の成績を残しましたが、決勝の東邦高校戦では、石川昂弥選手に2打数ノーヒットに抑えられ、試合も0対6で敗れています。

 

2年夏の千葉大会は4番ファーストで出場し、2回戦の安房高校戦で4打数2安打2打点、3回戦の津田沼高校戦で3打数2安打1四死球1打点1盗塁、4回戦の県船橋高校戦で5打数3安打1打点、5回戦の千葉商大付属高校戦で3打数ノーヒット1四死球1犠打飛、準々決勝の成田高校戦で4打数2安打、準決勝の木更津総合高校戦で5打数3安打1打点1犠打飛、決勝の八千代松陰高校戦で5打数3安打1盗塁と活躍し、習志野高校の優勝に貢献!

 

続く、2年夏の甲子園大会は、1回戦の沖縄尚学高校戦で5打数3安打、2回戦の鶴岡東高校戦で3打数2安打1四死球と好成績を残しましたが、試合は5対9で敗れています。

 

そして、2年秋の千葉大会1回戦の芝浦工大柏高校戦では、スリーランを含む3安打6打点をマークしています。

 

 

櫻井亨祐選手は、長打力が魅力の大型一塁手。

 

50m走は6秒5。

 

櫻井亨祐選手の動画はコチラ

最後に

櫻井亨祐選手は、フォロースルーが大きく、スラッガーとしての資質は高いと思いますが、ファーストというポジションが、ドラフト候補としてはネックになってくるでしょう。

 

1年生の時はレフトを守っていましたが、ファースト以外のポジションを守れるようになると、評価が上がってきそうですね。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links