Y校の愛称で親しまれている横浜商業高校は、東海大相模高校や横浜高校など私立優勢の神奈川で、今でも人気が高い公立高校です。

 

元巨人の山口鉄也投手、元ヤクルトの荒井幸雄選手など、多くのプロ野球選手を輩出した横浜商業高校ですが、今年のドラフト注目選手といえば笹川吉康選手でしょう。

 

今回は、横浜商業高校のドラフト候補・笹川吉康選手に注目しました。

Sponsored Links

笹川吉康選手のプロフィール

笹川吉康(ささがわ よしやす)選手は神奈川県横浜市出身。

 

身長192cm、体重81㎏、左投げ左打ち。

 

笹川吉康選手は、明神台リトルグランパースで野球を始め、横浜市立西中学校時代は中本牧シニアでプレー。

 

中学校卒業後は横浜商業高校に入学し、1年からベンチ入り。

 

1年夏の神奈川大会は7番ライトで出場した1回戦の吉田島高校戦で2打数2安打2打点、2回戦の横浜隼人高校戦で1打数ノーヒット、3回戦の松陽高校戦に2番手投手として登板して3回2安打1失点の成績を残しています。

 

2年夏の神奈川大会は、3番センターで出場した1回戦の旭高校戦で5打数3安打4打点、途中出場した2回戦の大楠高校戦で本塁打、4番手投手として3.2回を1安打無失点、3番センターに戻った3回戦の茅ケ崎西浜高校戦で3打数2安打2打点、4回戦の藤沢清流高校戦で4打数2安打2打点、3番投手として出場した5回戦の相模原高校戦で5打数1安打1打点、先発投手として1.1回を1失点と活躍しましたが、5回戦は3対4で敗れています。

 

2年秋の神奈川大会は、横浜地区予選の舞岡高校戦で2打席連続本塁打を活躍を見せましたが、4回戦で湘南工大付属高校に敗れています。

 

 

笹川吉康選手は、投手として最速140キロ弱の直球にスライダー、カーブを織り交ぜる左腕、野手として高校通算 28本塁打を放つ二刀流選手。

周囲より頭1つ大きな選手がいた。身長192センチの笹川吉康投手(2年)。知名度は低いが、すでにセ、パ1球団ずつのスカウトが視察した大型左腕だ。アーム投法気味ながら、最速140キロ近い直球に力があり、フォロースルーも見栄えがある。中学野球の名門・中本牧シニアの出身だ。

実力校との練習試合で、自信もついてきた。大阪偕星学園を完封。今秋関東大会8強の西武台(埼玉)は2-1で封じた。明治神宮大会準優勝の高崎健康福祉大高崎(群馬)戦も3回無失点。「同じ高校生。負ける気はしません」と頼もしい。高校通算28本塁打を誇る外野手の一面も。「両方やりたいです。どっちも好きなので。いつか160キロを」。夢は膨らむ。

出典 日刊スポーツ

 

笹川吉康選手の動画はコチラ

最後に

笹川吉康選手は、投手としても最速140キロ弱をマークする選手ですが、足も速い左のスラッガーなので、将来的には野手として面白い選手となっていくでしょう。

 

新型コロナの影響で、アピールする機会が少なくなりましたが、ドラフト候補として頑張ってほしいですね。

Sponsored Links