仙台育英高校の笹倉世凪投手は、中学時代に軟式で最速147キロをマークした逸材!

 

秀光中等教育学校時代は、全国大会で森木大智投手と投げ合い、敗れたものの、準優勝を果たしています。

 

今回は、次代のドラフト候補・笹倉世凪投手に注目しました。

Sponsored Links

笹倉世凪投手のプロフィール

笹倉世凪(ささくら せな)投手は2003年5月14日生まれの16歳。

 

岩手県一関市出身。

 

身長178cm、体重76㎏、左投げ左打ち。

 

一関市立花泉小学校の時は花泉スポーツ少年団に所属し、小学校6年生の時に楽天イーグルスジュニアに選出されています。

 

秀光中等教育学校時代は軟式野球部でプレーし、全国大会で森木大智投手を擁する高知中学に敗れましたが、準優勝に輝いています。

 

笹倉世凪投手は、最速147キロ左腕として進路が注目されましたが、仙台育英高校に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年春の宮城大会決勝の東北高校戦では先発して1.1回3安打2失点と打たれましたが、続く東北大会では、初戦の秋田中央高校戦で先発して3回2安打2奪三振無失点、準決勝の弘前学院聖愛高校戦で4番手で登板して2回1安打1四死球2奪三振無失点の成績を残しています。(東北大会準決勝は6対7で惜敗)

 

1年夏の宮城大会は、2回戦の名取高校戦で先発して2回3安打1四死球4奪三振1失点、準々決勝の仙台高校戦で先発して6回4安打1四死球4奪三振無失点、準決勝の東北学院榴ケ岡高校戦で先発して2.1回2安打1四死球1奪三振無失点と好投し、仙台育英高校の優勝に貢献!

 

 

笹倉世凪投手は、中学時代に軟式で最速147キロをマークし、高校では最速144キロをマークするスリークォーター左腕。

 

変化球はスライダー、スプリット、チェンジアップを持っています。

 

笹倉世凪投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

笹倉世凪投手は、中学2年の3月に右足を骨折してしまったそうですが、その期間に投球フォームを見直すことでコントロールが良くなり、球速も上がったそうです。

 

まさに怪我の功名という感じですね。

 

これから、壁にぶつかると思いますが、ドラフト候補として頑張ってほしいですね。

Sponsored Links