今年の社会人は、投手にドラフト候補がいるものの、野手のドラフト候補はあまりいないようですね。

 

そんな不作といわれる社会人の野手の中で、ドラフト候補として注目されているのが、JR西日本の佐藤直樹選手です

 

今回は、JR西日本のドラフト候補・佐藤直樹選手に注目しました。

Sponsored Links

佐藤直樹選手のプロフィール

佐藤直樹(さとう なおき)選手は、1998年9月3日生まれの20歳。

 

兵庫県西宮市出身。

 

身長177cm、体重78㎏、右投げ右打ち。

 

佐藤直樹選手は報徳学園中学を経て、報徳学園高校に入学。

 

3年夏の兵庫大会は3番ライトで出場して、2回戦の須磨翔風高校戦では才木浩人投手(現 阪神)から本塁打を含む2安打2打点、3回戦の高砂南高校戦で4打数2安打5打点と活躍しましたが、4回戦の豊岡高校戦では3打数ノーヒット、5回戦の東播磨高校戦では2打数ノーヒット1打点、準決勝の市立尼崎高校戦では4打数ノーヒットに終わり、試合も相手投手に完封され、敗れています。

 

高校卒業後は、JR西日本に入社し、1年目から公式戦に出場!

 

入社2年目の都市対抗野球大会は9番ライトで出場し、1回戦のJR北海道硬式野球クラブ戦でタイムリーヒットを放つ活躍を見せましたが、2回戦の東芝戦では3打数ノーヒット、準々決勝のJR東日本戦で2打数ノーヒット2三振と抑えられ、試合も3対7で敗れています。

 

翌年3月に行われたプロ野球の広島との練習試合では、アドゥワ誠投手から決勝のタイムリースリーベースを放つ活躍をしています。

 

入社3年目の都市対抗野球大会は、JFE西日本の補強選手として3番センターとして出場し、1回戦の日本製鉄広畑戦で5打数2安打1打点、2回戦の鷺宮製作所戦で4打数2安打1犠打飛1打点、3回戦の東芝戦で4打数2安打1打点をマーク!

 

佐藤直樹選手は都市対抗野球大会で、得点圏打率.444を記録し、大会優秀選手として表彰されています。

 

 

佐藤直樹選手は、50m走5秒9、遠投120mを誇る身体能力の高い三拍子揃った外野手。

 

佐藤直樹選手の動画はコチラ

Sponsored Links

佐藤直樹選手のスカウト評

スカウト(2019/8/13付)

「着実な成長もさることながら、得点圏打率.444が示すように、勝負どころで見せる集中力が大きな魅力」

 

中日・野本スカウト(2019/9/9付)

「打撃の波はあるもの。それよりも肩と足を評価している。肩は抜群にいい」

最後に

社会人3年目の都市対抗野球大会で活躍したことから、ドラフト指名が現実味を帯びてきましたね。

 

佐藤直樹選手は年齢も若いですから、さらに成長も期待できるでしょう。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links