2018年のドラフトでは、東洋大学から甲斐野央投手、上茶谷大河投手、梅津晃大投手の3人が上位で指名され、中川圭太選手も下位指名ながらドラフトで指名されました。

 

2019年ドラフトでも、東洋大学から上位指名されそうなのが佐藤都志也捕手です。

 

佐藤都志也捕手はイケメンなので、人気もありそうですね。

 

今回は、東洋大学の佐藤都志也捕手に注目しました。

Sponsored Links

佐藤都志也捕手のプロフィール

佐藤都志也(さとう としや)捕手は、1998年1月27日生まれの20歳。

 

福島県いわき市出身。

 

身長180cm、体重80㎏、右投げ左打ち。

 

佐藤都志也捕手は、いわき市立平第六小学校5年からみまやソフトボール少年団でソフトボールを始め、いわき市立平第二中学校では軟式野球部でプレー。

 

選抜チームのいわき松風クラブでは全国大会にも出場しています。

 

中学校卒業後は聖光学院高校に進学し、1年秋から正捕手を獲得しましたが、2年春・夏の大会は控えでの起用となっていたため、2年夏の甲子園では、準々決勝の日本文理高校戦で途中から出場し、1打数ノーヒットに終わっています。

 

佐藤都志也捕手は2年秋から再び、レギュラーをつかみ、3年夏の福島大会では、3回戦の相馬高校戦で3打数3安打3打点、4回戦の郡山高校戦で4打数1安打2打点、準々決勝の田村高校戦で3打数1安打1打点、準決勝の福島工業高校戦で3打数1安打1打点と活躍し、聖光学院高校の福島大会優勝に貢献!

 

3年夏の甲子園では、初戦に小笠原慎之介投手(現 中日)や吉田凌(現 オリックス)を擁する東海大相模高校と対戦し、佐藤都志也捕手は1番捕手として出場しましたが、3打数ノーヒットに終わり、試合も1対6で敗れています。

 

佐藤都志也捕手は、高校卒業後は東洋大学に進学し、1年春からベンチ入り。

 

2年春のシーズンにファーストでレギュラーをつかみ、主に5番で起用され、2年春は10試合に出場し、29打数14安打、1本塁打、6打点、打率.483をマークし、首位打者とベストナインに輝いています。

 

2年秋は、14試合に出場し、55打数19安打、1本塁打、7打点、打率.345の成績を残し、2回目のベストナインに選出!

 

3年春からは捕手として起用され、14試合に出場し、53打数19安打、4本塁打、11打点、2盗塁、打率.358をマーク!

 

しかし、3年秋は13試合に出場し、50打数11安打、0本塁打、2打点、打率.220と成績が下降しています。

 

全国大会には、2年春と3年春の全日本大学野球選手権大会、2年秋の明治神宮野球大会に出場!

 

2年春の全日本大学野球選手権大会では、1回戦の東海大北海道キャンパス戦に5番ファーストで出場し、2打数ノーヒット。(試合は2対7で敗戦)

 

3年春の全日本大学野球選手権大会では、2回戦の九州産業大学戦に3番捕手として出場し、3打数ノーヒット。(試合は3対10で敗戦)

 

2年秋の明治神宮野球大会では、2回戦の富士大学戦で6番ファーストで出場して2打数1安打1四球、準々決勝の日本体育大戦で3番ファーストで出場して4打数ノーヒット(試合は0対4で完封負け)

 

また、3年夏には侍ジャパン大学代表に選出され、ハーレムベースボールウィークと日米大学野球選手権大会に出場!

 

ハーレムベースボールウィークでは、主にライトで出場し、27打数10安打4打点3三振で、打率.370をマークし、日米大学野球選手権大会では、12打数3安打1打点2三振の成績を残しました。

 

 

佐藤都志也捕手は、遠投110m、50m走5秒9、大学通算6本塁打の強肩強打の捕手です。

 

また、侍ジャパン大学代表の時には、ライトやレフトを守るなど、複数のポジションを守れるのも佐藤都志也捕手の強みです。

 「複数(のポジション)を守れるのは自分の強み。準備はしていました」と佐藤都は胸を張った。遠投110メートルの強肩、50メートル走5秒9の俊足を併せ持ち、その能力を存分に生かすつもりだ。捕手として今春リーグ優勝に貢献し、打撃を生かして昨年プレーした一塁手では、昨春リーグ戦で首位打者を獲得。外野手も「(今年の)キャンプのときにやっていた」と経験があり、3種類のグラブ、ミットを自前で用意してきた。

複数ポジションを守れても、便利屋にはならない。「自分は負けず嫌い。どのポジションでも一番になりたい」。経験が少ないぶん、この日もベンチで本職の選手にポジショニングを聞くなど、慣れない点をカバーしようと必死だ。「少しでも何かを吸収して(チームに)持ち帰りたい」と意欲を語った佐藤都が日の丸をつけ、どのポジションでも貴重な経験を積む。

出典 スポーツ報知(2018.6.24)

 

佐藤都志也捕手の動画はコチラ

Sponsored Links

佐藤都志也捕手のスカウト評

ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク(2019/5/11付)

「(失投を)一発で仕留めた。捕手でこれだけ打てるのは間違いなく上位候補」

最後に

2019年ドラフトでは、慶応大学の郡司裕也捕手、近江高校の有馬諒捕手、智弁和歌山高校の東妻純平捕手などが注目されており、佐藤都志也捕手のドラフト上位候補としてマークされています。

 

この1年間、佐藤都志也捕手の活躍如何で、評価が変わってきそうですね。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links