成長痛で公式戦でわずか3イニングしか登板していなかった国学院栃木高校のシャピロ・マシュー・一郎投手が、プロ入りを希望する高校3年生を対象に企画された「プロ志望高校生合同練習会」で評価を急上昇させています。

 

おそらく、ドラフト指名は確実で、球団によっては上位指名の可能性もありうるでしょう。

 

今回は、国学院栃木高校のドラフト候補のシャピロ・マシュー・一郎投手に注目しました。

Sponsored Links

シャピロ・マシュー・一郎投手のプロフィール

シャピロ・マシュー・一郎投手は、2003年3月18日生まれ。

 

東京都台東区出身。

 

身長191cm、体重93㎏、右投げ右打ち。

 

シャピロ・マシュー・一郎投手は小学校3年から浅草ビーバーズで野球を始め、台東区立駒形中学校時代は野球部と台東オールドリームスでプレー。

 

中学3年生の時は、最速130キロ台中盤をマークし、東京都選抜に選出されています。

 

中学卒業後は国学院栃木高校に進学しましたが、成長痛に悩まされ、3年6月まで公式戦の登板はありませんでした。

シャピロの公式戦デビューが高校最後の夏までもつれ込んだ理由は、成長痛にある。高校1年の冬から2年の冬まで、左半身の腰からヒザにかけて慢性的に痛みに苦しんだ。シャピロは言う。

「痛みが出たり、出なかったり。とにかく苦しかったです。最初はケガだと思ったんですけど、成長痛と言われて。それは苦痛でした」

高校入学時点での身長は182センチで、3年間で10センチ近く伸びた。正式な身体検査はしていないが、シャピロは「まだ伸びています」と明かす。体の成長が続いているということは、故障防止のために練習の強度を落とさざるを得ないのだ。

出典 Sportiva

 

3年夏の栃木代替大会2回戦の宇都宮南高校戦で公式戦に初登板して1回ノーヒット1奪三振無失点に抑える好投を披露し、3回戦の足利高校戦では公式戦初先発で2回を2安打6奪三振1失点に抑えています。

 

プロ志望高校生合同練習会では、シート打撃で打者6人をノーヒット4奪三振に抑えるピッチングを披露し、スカウトに猛アピール!

 最高の自分の姿を見せる。誰もが簡単にできるわけではない。でも、シャピロはこの舞台に懸ける思いと、プロへの憧れが原動力となっていた。

「腕を振って右打者の対角線に投げることを意識した。しっかりアピールできた」

2人目の打者・片山隼一(埼玉栄)への初球だ。スピードガンの数字は「147キロ」を計測した。これまでの記録を1キロ上回る自己最速。直球で押し、147キロは計4球マークした。しかも直球13球のうち11球が140キロ台後半。延べ打者6人と対戦し、4奪三振1四球に左飛と圧巻の投球だ。東京ドーム特有の硬く、傾斜のあるマウンドも「下半身に力が入ってプラスになった」と話し、適応能力の高さも示した。

出典 スポニチ

 

 

シャピロ・マシュー・一郎投手は、長身から投げ下ろす最速147キロの直球にカーブ、スライダー、カットボール、フォークを織り交ぜる本格派右腕。

シャピロ・マシュー・一郎投手のスカウト評

巨人・内田強スカウト(2020/7/26付)

「右打者の外角への角度は凄くいい。将来性はある」

 

巨人・榑松伸介スカウト部次長(2020/9/7付)

「非常に目立った。特長があるし、指にかかったボールに力がある。とにかく体つきが素晴らしい」

 

ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク(2020/9/7付)

「コントロールが悪いイメージだった。こんなにいいんだとわかった選手のひとり。成長度合いもはかり知れない」

 

阪神・畑山俊二統括スカウト(2020/9/7付)

「投手ではシャピロ君の名前は聞いていたが、粗削りだが伸びしろ十分で楽しみ」

 

ヤクルト元スカウト部長・片岡宏雄氏(2020/9/7付)

「手足が長く、ステップした後に腕が遅れて出てボールを前でリリースするので打者は、球速以上に速く感じるのだろう。今日は最速147キロだったが、まだまだ伸びる。簡単に150キロは超えてくると思う。変化球の曲がりも大きい。カーブ、スライダーがキレるのはいい投手の条件だ」

シャピロ・マシュー・一郎投手の父親は?

シャピロ・マシュー・一郎投手の父親は、ニューヨーク州ロングアイランド出身で、NHKの大相撲中継の副音声で英語の解説を担当しているジャーナリストのデビッド・シャピロさん!

 

デビッド・シャピロさんは、外国人として上智大学コム・ソフィア賞を初めて受賞しています。

最後に

コロナの影響で甲子園大会は中止となりましたが、プロ入りを希望する高校3年生を対象に企画された「プロ志望高校生合同練習会」が開催されたことで、シャピロ・マシュー・一郎投手はプロ入りに一歩近づいたといえるでしょう。

 

実績の少ないシャピロ・マシュー・一郎投手にとっては、価値のある合同練習会だったといえるでしょうね。

 

ドラフトが楽しみになってきましたね。

Sponsored Links