関東学院大学の関龍摩選手は、神奈川大学リーグで通算100安打をマークしている安打製造機!

 

走攻守3拍子揃った外野手として、学生日本代表候補にも選ばれています。

 

今回は、関東学院大学のドラフト候補・関龍摩選手に注目しました。

Sponsored Links

関龍摩選手のプロフィール

関龍摩(せき りゅうま)選手は福井越前市出身。

 

身長181cm、体重80㎏、右投げ右打ち。

 

関龍摩選手は、兄が野球をしていた影響で野球を始め、越前市立南越中学校時代は投手としてプレー。

 

中学校卒業後は福井商業高校に進学。

 

2年夏の福井大会は4番ライトで出場し、1回戦の北陸高校戦で4打数2安打、2回戦の春江工業高校戦で3打数1安打、準々決勝の啓新高校戦で4打数2安打をマークしましたが、準々決勝は延長11回サヨナラで敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

2年秋の北信越大会は、初戦の野々市明倫高校戦で4打数2安打4打点を記録し、準々決勝の長野商業高校戦でも3打数1安打の成績を残しましたが、準々決勝は4対7で負けています。

 

3年夏の福井大会は、1回戦の武生東高校戦で3打数2安打1四死球1犠打飛1打点、2回戦の高志高校戦で2打数1安打1四死球1打点、準々決勝の福井工大福井高校戦で5打数2安打3打点、準決勝の奥越明成高校戦で4打数3安打と活躍し、決勝の北陸高校戦でも4打数1安打をマークしましたが、決勝は5対6で惜敗しています。

 

関龍摩選手は、高校卒業後は関東学院大学に進学し、1年春からリーグ戦にスタメンとして出場!

 

1年春は46打数16安打、7打点、4三振、2四死球、打率.347の成績を残し、1年秋は44打数21安打、1本塁打、9打点、2盗塁、5三振、11四死球、打率.477の成績を挙げ、首位打者と外野手として初のベストナインに輝いています。

 

2年春は36打数16安打、1本塁打、2盗塁、打率.444で2回目のベストナイン、3年秋は46打数19安打、1本塁打、2盗塁、16打点、打率.413の成績をマークし、打点賞と3回目のベストナインを受賞!

 

2020年10月4日に行われた神奈川大学戦では、神奈川大学リーグ通算100安打を達成しています。

9月27日の桐蔭横浜大戦で神奈川大学リーグ通算100安打を達成した、今秋ドラフト候補の関東学院大・関龍摩(4年=福井商)が神奈川大戦で2安打を放ち、通算安打数を104とした。

初回2死、初球をうまく捉え中前安打で出塁すると、すかさず盗塁を決め、好機を演出。5回も内野安打で好機を広げ、追加点につなげた。

大学最後のリーグ戦は残り3試合。「自分が成績を残せば、勝利につながると思う。複数安打を打って、勝利に貢献したいです」と闘志を燃やした。

出典 スポーツ報知

 

 

関龍摩選手は、神奈川大学リーグで通算100安打以上を達成している走攻守3拍子揃った外野手。

 

関龍摩選手の動画はコチラ

関龍摩選手のスカウト評

DeNA・河原隆一スカウト(2020/4/27付)

「シャープに振れている。実戦向きの打撃センスを持っています。典型的な中距離打者としては、文句なしです。後は送球の精度を高めることぐらいですかね」

最後に

関龍摩選手は、実戦力の高い打撃が魅力の選手!

 

ドラフト指名の可能性はあると見ます。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links