神戸国際大付属高校の柴野琉生選手が、3年春の近畿大会で2打席連続本塁打を放ったそうです。

 

柴野琉生選手は、高校通算48本塁打を放っている右の強打者!

 

今回は、神戸国際大付属高校の柴野琉生選手について調べてみました。

Sponsored Links

柴野琉生選手のプロフィール

柴野琉生(しばの るいき)選手は、大阪府寝屋川市出身。

 

身長180cm、体重83㎏、右投げ右打ち。

 

柴野琉生選手選手は、小学校の時はワールドエース、寝屋川市立中木田中学校時代は大阪球道でプレーし、神戸国際大付属高校に入学。

 

2年夏の兵庫大会では5番ライトで出場し、2回戦の武庫荘総合高校戦で6打数2安打3打点、3回戦の甲陽学院高校戦で2打数1安打2打点、4回戦の育英高校戦で6打数3安打1打点、準々決勝の兵庫工業高校戦で2打数1安打2打点、準決勝の報徳学園高校戦で4打数1安打2打点と活躍しましたが、2対3で準決勝で敗退しています。

 

2年秋の兵庫大会は、決勝で明石商業高校に敗れましたが、準優勝で近畿大会に出場!

 

2年秋の近畿大会には4番レフトで出場し、1回戦の福知山成美高校戦で4打数2安打1打点の成績を残しましたが、4対5で惜敗しています。

 

3年春の兵庫大会は、3番レフトで出場した準決勝の姫路南高校戦で5打数2安打、決勝の須磨翔風高校戦で4打数2安打1打点をマークし、神戸国際大付属高校の優勝に貢献!

 

続く、3年春の近畿大会は3番レフトで出場し、1回戦の京都国際高校戦で3回にタイムリー二塁打を放ち、準決勝の郡山高校戦で2打席連続本塁打を放つ活躍を見せています。

180センチ、83キロ。柴野が、大型スラッガーの打力を見せつけた。初回無死一塁からスライダーを捉え左越え2ランを放つと、勢い止まらず3回にも再び左翼席にソロ本塁打。「公式戦は初」という2打席連発弾で「甘い球を逃さず、感触も悪くなかった」と、高校通算本塁打数を48に伸ばす出来栄えだった。

出典 日刊スポーツ

 

柴野琉生選手は、高校通算48本塁打の外野手。

 

オリックスの吉田正尚外野手の打撃フォームを参考にして、フォームを修正するなど、研究熱心な選手のようですね。

 

柴野琉生選手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

柴野琉生選手は、全国的には知られていない選手ですが、その長打力は魅力があります。

 

夏の大会で活躍して、ドラフト候補としての評価を上げてほしいですね。

Sponsored Links