2018年秋季近畿大会でベスト4に入り、春の選抜大会出場を確実にしている履正社高校!

 

その履正社高校で、エースを担うのが145キロ左腕の清水大成投手です。

 

2019年ドラフト候補で、高校生左腕といえば、横浜高校の及川雅貴投手の名前が挙がりますが、完成度でいえば、履正社高校の清水大成投手の方が上位!

 

今回は、2019年ドラフト候補として注目されている清水大成投手に注目しました。

Sponsored Links

清水大成投手のプロフィール

清水大成(しみず たいせい)投手は、 兵庫県丹波市出身。

 

身長176cm、体重73㎏、左投げ左打ち。

 

清水大成投手は、丹波市立氷上中学校時代に篠山ベースボールネットワークでプレー。

 

本格的に投手になったのが中学3年生からで、篠山ベースボールネットワークはハードな練習を行うチームだったようです。

「中学の時のチームは中学時代に花を咲かせるというより、高校、大学を見据えて厳しい練習するスタイルだったんです。夏休みでも走るメニューとか多くて、ボール回し、ノックと基礎的なメニューをただひたすらこなす感じでした。ハードといえばハードでしたが、あの時に厳しい練習をずっと続けられたことで、心身鍛えられたところはあります」。

出典 ヤキュイク

 

中学校卒業後は履正社高校に入学し、1年夏から背番号18でベンチ入り。

 

1年夏の大阪大会では、2回戦の守口東高校戦で2番手で登板し、1回1安打1奪三振無失点、3回戦の茨木高校戦で2番手で登板して1回2安打1奪三振無失点と上々の成績を残しています。

 

1年秋の大阪大会では、決勝の大阪桐蔭高校戦で先発し、初回に1点を失うものの、強打の大阪桐蔭打線を相手に5回まで、1失点で抑える好投を見せましたが、6回一死一、二塁の場面で途中降板しています。

 

2年春の大阪大会は、4回戦の興国高校戦で完封で敗退。

 

清水大成選手は先発としてマウンドに上がり、5回まで相手打線を抑えていましたが、6回に3四死球を与えてしまい、自分のミスもあり、4点を失っています。

「自分は今まで立ち上がりからずっと抑えていても突然崩れてしまうことが多かったんです。1年の秋まではそれでも何とか踏ん張れていたのですが、今年の春からその悪い部分が目立つようになりました。この春以降、自分のせいで負ける試合が何度もあって…。それでも勝ちたいという気持ちだけが先走ってしまっていました」

出典 ヤキュイク

 

2年夏の北大阪大会は、初戦の摂津高校戦に先発として登板し、6回まで相手打線を0点に抑えていましたが、7回に崩れ、7回7安打3四死球3奪三振3失点で降板し、3回戦の汎愛高校戦で先発として登板して4.1回を6安打2四死球3奪三振1失点、準々決勝の寝屋川高校戦で先発して4回5安打3四死球5奪三振2失点と不安定な投球が続きました。

 

そして、準決勝の大阪桐蔭高校戦では、2番手で登板しましたが、一死も取れずに降板しています。

「夏はストライクを取るのがやっとという感じでした。それでも大阪桐蔭戦はいつでもいける準備をしていて、ピンチでの登板だったのに何もできないままでした。自分がもっと長いイニングを投げていたら、(3番手に投げた)位田さんが最後の9回だけを投げて(先発し、9回に再登板した)浜内さんに負担がかからなかった。あの試合も自分のせいで負けたようなものです。技術はもちろん、自分の持ち味である向かっていく姿勢が薄れていたというか。結果を気にしすぎて、ピンチになると反対に弱気になってしまっていました」。

出典 ヤキュイク

 

その後、清水大成選手は、夏休みの期間にJR東海の指導者からフォームの見直しをしてもらい、カットボールを習得したことで、投球の幅が広がったそうです。

もどかしさを抱える中、夏休みに社会人チームのJR東海に武者修行に行く機会があった。そこでJR東海の指導者からフォームを見直してもらうと新たな発見があった。「ステップ位置をホームに向けてまっすぐにしたら、体重移動がスムーズになったんです。リリースポイントも前に出てくるようになって、ボールが出やすくなりました」。

カットボールを覚えたことで、ピッチングの幅も広がった。
「この秋は140キロくらい出ればいいかなと思っていたのでビックリでした」。

出典 ヤキュイク

 

2年秋の大阪大会決勝で大阪桐蔭高校を破り、優勝した履正社高校は、近畿大会に出場!

 

近畿大会初戦の南部高校戦で、清水大成選手は自己最速の145キロをマークし、準々決勝の福知山成美高校戦では9回3安打無死四球12奪三振で完封しました。

 

しかし、準決勝の龍谷大平安高校戦では2番手で登板しましたが、ツーランと押し出し四球を与え、コールド負けを喫しています。

だが、最後に残した“爪痕”が清水の気持ちを奮い立たせる。「相手のイケイケモードの中で自分のピッチングができなかった」と振り返る近畿大会の準決勝の龍谷大平安戦。4点ビハインドの4回から登板したものの、5回に四球の走者を置いて2ランを浴び、7回には押し出し四球でコールド敗退という屈辱を味わった。

「1番を背負わせてもらっている以上は、自分のちょっとしたスキが試合を左右してしまうことも学びま
した。あの時は本当に悔しかったです。この秋に負けて良かったという言い方はおかしいかもしれませんが、あの負けを発奮材料にしていかないといけないです」

出典 ヤキュイク

 

3年春の選抜大会は、1回戦で優勝候補の星稜高校と対戦し、清水大成投手は先発で8回7安打3四死球7奪三振2失点と好投しましたが、相手の奥川恭伸投手に完封され、初戦敗退しています。

 

3年夏の大阪大会は、2回戦の池田高校戦に先発して4回2安打3四死球9奪三振3失点、3回戦の箕面学園高校戦で7回1安打2四死球12奪三振完封(7回コールド)、準々決勝の桜宮高校戦で9回3安打11奪三振完封、準決勝の近大付属高校戦で2番手で登板して7.1回3安打4四死球9奪三振1失点、決勝の金光大阪高校戦で先発して5.1回3安打4四死球2失点と好投し、履正社高校の優勝に貢献!

 

 

清水大成投手は、最速145キロの速球に2種類のスライダー、カーブ、カットボールを投げる左腕。

 

変化球を投げる時の腕の振りが、直球とほとんど変わらないようです。

 

清水大成投手の動画はコチラ

Sponsored Links

清水大成投手のスカウト評

ソフトバンク・稲嶺誉スカウト(2018/10/29付)

「上から叩けるので、体ができれば、球速はもっと出るのでは」

最後に

清水大成投手は、履正社高校の先輩である寺島成輝投手(現 ヤクルト)に憧れているようです。

 

寺島成輝投手のように、ドラフト1位で指名されるには、まだまだ球質も改善していかなければいけないでしょう。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links