筑陽学園高校の進藤勇也選手は、がっしりした体格の二塁送球最速1秒8台を記録する大型捕手!

 

打撃が課題ながらも、ドラフト候補として注目されています。

 

今回は、筑陽学園高校の進藤勇也選手に注目してみました。

Sponsored Links

進藤勇也選手のプロフィール

進藤勇也(しんとう ゆうや)選手は、福岡県福岡市出身の捕手。

 

身長181cm、体重83㎏、右投げ右打ち。

 

進藤勇也選手は、小学校3年からソフトボールを始め、福岡市立内浜中学校時代は糸島ボーイズでプレーしていましたが、控えの捕手でした。

内浜中で所属していた糸島ボーイズでは控え捕手だった。「悔しかった。高校では絶対にレギュラーを奪おうと思っていた」。

出典 日刊スポーツ

 

中学校卒業後は、筑陽学園高校に進み、1年秋の新チームから、捕手のレギュラーを獲得!

 

1年秋の福岡大会決勝で東筑高校に敗れたものの、準優勝となり、九州大会に出場!

 

1年秋の九州大会初戦の延岡学園高校戦では、8番捕手で出場して3打数1安打を記録しましたが、試合は2対5で敗れています。

 

翌2年夏の南福岡大会は7番捕手で出場し、2回戦の福岡中央高校戦で4打数1安打1打点、3回戦の久留米高校戦で1打数ノーヒット、4回戦の祐誠高校戦で3打数3安打2打点、準々決勝の九産大九州高校戦で3打数ノーヒットの成績を残しましたが、試合は2対5で敗れています。

 

2年秋の福岡大会決勝で九州国際大付属高校を下し、九州大会に出場!

 

続く、2年秋の九州大会では、1回戦の小林西高校戦と準々決勝の興南高校戦で、投手を上手にリードし完封!

 

準決勝の大分高校戦では4打数2安打、決勝の明豊高校戦では4打数2安打2打点と打撃でも活躍を見せ、筑陽学園高校の優勝に貢献しています。

 

翌3年春の選抜大会では、1回戦の福知山成美高校戦で4打数2安打1打点、2回戦の山梨学院高校戦で2打数ノーヒット2四死球1三振の成績、準々決勝の東邦高校戦では2打数2安打2打点と活躍しましたが、2失策をおかしています。

 

 

進藤勇也選手は、二塁送球最速1秒8台を記録する強肩捕手。

 

ソフトバンクの甲斐拓也捕手の動画を見て研究しているそうで、キャッチングとブロッキングを自分のアピールポイントと思っているようです。

「ソフトバンク甲斐選手の動画を見て、1年前くらいからずっと足の運びを練習してきました。さらに、どこでキャッチすれば効率がいいかもとことん研究しました」

出典 日刊スポーツ

進藤 自分は、スローイングはある程度は投げられるようになってきたと思います。あとはピッチャーが投げたボールをしっかり止めるキャッチングと、ワンバンが来た時にミスをしないブロッキングも持ち味だと思っています。

出典 高校野球ドットコム

 

進藤勇也選手の動画はコチラ

Sponsored Links

進藤勇也選手のスカウト評

ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト兼育成部長(2019/3/29付)

「体が強そうで、捕手として面白い素材」

最後に

今年は、近江高校の有馬諒捕手、星稜高校の山瀬慎之助捕手、智弁和歌山高校の東妻純平捕手など好捕手が目白押しですが、進藤勇也選手の評価も高そうですね。

 

ドラフト候補として頑張ってほしいですね。

Sponsored Links