木更津総合高校の篠木健太郎投手は、流れるように美しいと評される投球フォームから、最速148キロをマークする2020年ドラフト注目の投手!

 

今回は、木更津総合高校の篠木健太郎投手に注目してみました。

Sponsored Links

篠木健太郎投手のプロフィール

篠木健太郎(しのぎ けんたろう)投手は、群馬県邑楽郡明和町出身。

 

身長175cm、体重66㎏、右投げ左打ち。

 

篠木健太郎投手は、小学校3年生の時に明和ジュニアヒーローズで野球を始め、投手・ショート・サードとしてプレー。

 

明和町立明和中学校時代は館林ボーイズに所属し、木更津総合高校に入学。

 

木更津総合高校では1年からベンチ入り。

 

1年春の関東大会では、準決勝の健大高崎高校戦で3番手で登板して、1.1回を1安打1失点の成績を残しています。(試合は乱打戦の末、8対9で敗戦)

 

1年夏の東千葉大会は、2回戦の成東高校戦で4番手で登板して0.1回をノーヒット1奪三振無失点、3回戦の検見川高校戦で2番手で登板して2回2安打2四死球5奪三振無失点、4回戦の千葉北高校戦で3番手で登板して1回ノーヒット2奪三振無失点、準々決勝の千葉商業高校戦で2番手で登板して1.1回ノーヒット1四死球3奪三振無失点、準決勝の東海大市原望洋高校戦で3番手で登板して0.1回をノーヒット1奪三振無失点に抑え、木更津総合高校の優勝に貢献!

 

続く、1年夏の甲子園大会は、3回戦の下関国際高校戦に2番手で登板して、2回4安打1四死球1奪三振2失点と打たれ、試合も鶴田克樹投手に抑えられ、1対4で敗れています。

 

1年秋の千葉大会は、準々決勝で中央学院高校に惜敗。

 

2年春の千葉大会は、準決勝で横山陸人投手を擁する専大松戸高校に敗れましたが、3位決定戦で銚子商業高校を破り、関東大会に出場!

 

2年春の関東大会では、初戦の東海大相模高校戦に先発し、7.1回を4安打2四死球5奪三振2失点と好投しましたが、遠藤成選手らに味方打線が抑えられ、3対4で惜敗しています。

 

2年夏の千葉大会は、根本太一投手らがいる中、背番号1番を勝ち取り、3回戦の千葉英和高校戦で先発して8回5安打3四死球3奪三振無失点、準々決勝の市立船橋高校戦で先発して7回3安打2四死球5奪三振無失点と好投しましたが、準決勝の習志野高校戦では先発したものの、7.2回9安打3四死球4奪三振4失点と打たれ、試合も飯塚脩人投手に抑えられ、5対6で惜敗しています。

 

2年秋の千葉大会は、2回戦の千葉明徳高校戦に3回途中から2番手として登板し、8.2回を9奪三振2失点に抑え、木更津総合高校の3回戦進出に貢献しています。

木更津総合が延長戦へともつれたゲームに勝ち切った。プロ注目右腕の篠木健太郎投手(2年)が投打で勝利に貢献。苦しみながら接戦をものにし、3回戦へと進出した。

三回途中から2番手としてマウンドに上がり、速球とスライダーを軸に8回2/3を2失点9奪三振と力投した。毎回走者を背負いながら、勝ち越し点は許さず。バットでも延長十一回1死満塁から中堅へのサヨナラ打を含む3安打2打点と存在感を放った。

出典 デイリースポーツ

 

 

篠木健太郎投手は、最速148キロの速球に高速スライダー、緩いカーブなどの変化球を織り交ぜるスリークォーター右腕。

 

打者の近くでボールをリリースしているため、ストレートは伸びが良く、125キロ前後のキレ味鋭い高速スライダーで三振を奪っています。

「スライダーはそれまでストレートに近い握りで持って、空手チョップのイメージでリリースしていました。それを今は指先だけではなく、指の側面まで使ってボールに横の回転を掛けるようにしました」

出典 高校野球ドットコム

 

篠木健太郎投手の動画はコチラ

最後に

木更津総合高校は、早川隆久投手など好投手を輩出する高校ですが、大学に進学する投手も多いですよね。

 

篠木健太郎投手も、2020年ドラフト候補として名前が挙がっていますが、進学するかもしれませんね。

Sponsored Links