東京農業大学の白石翔樹選手は、二塁送球最速1.7秒台をマークするプロ注目の強肩捕手!

 

今回は、東京農業大学のドラフト候補・白石翔樹選手に注目しました。

Sponsored Links

白石翔樹選手のプロフィール

白石翔樹(しらいし しょうき)選手は、1998年9月7日生まれ。

 

長崎県対馬市出身。

 

身長175cm、体重69㎏、右投げ右打ち。

 

白石翔樹選手は、対馬市立仁田中学校時代は軟式の仁田中野球クラブでプレーするとともに、ソフトテニスで県4強に入る活躍!

 

ソフトテニスでインターハイを狙える高校から勧誘されましたが、「野球がやりたかった」ため、大村工業高校に進み、1年秋から正捕手になっています。

 

2年夏の長崎大会は3番捕手で出場し、1回戦の猶興館高校戦で4打数1安打1打点、2回戦の長崎北高校戦で4打数1安打、3回戦の九州文化学園高校戦で4打数ノーヒット、準々決勝の海星高校戦で3打数ノーヒットの成績を残しましたが、準々決勝は7回コールドで敗れています。

 

3年春の長崎大会は、決勝で長崎日大高校を下し優勝!

 

続く、3年春の九州大会は3番捕手で出場し、初戦の日南学園高校戦で4打数2安打2打点、準々決勝の福岡大大濠高校戦で5打数2安打1打点と活躍しましたが、準々決勝は4対7で敗れています。

 

3年夏の長崎大会は、2回戦の長崎南高校戦で5打数2安打1打点、3回戦の松浦高校戦で4打数ノーヒット、準々決勝の長崎日大高校戦で5打数3安打2打点、準決勝の創成館高校戦で3打数1安打1四死球と活躍し、決勝の長崎商業高校戦でも4打数2安打、捕手としても相手打線を1点に抑える好リードでチームに貢献しましたが、相手投手に完封を許し、甲子園出場を逃しています。

 

白石翔樹選手は高校卒業後は東京農業大学に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年春は、主に捕手として起用され、10試合(二部)で36打数10安打、3打点、1四死球、3三振、打率.278を残しています。

 

また、1年秋には二部ながら、10試合に出場して39打数12安打、2打点、1盗塁、7三振、打率.308の好成績をマーク!

 

しかし、2年春は打率.167、2年秋は打率.228、3年春は打率.170、3年秋は打率.209と打撃で結果を残すことができませんでした。

 

3年秋の大正大学との入れ替え戦では、7番捕手で出場した1回戦で4打数2安打1打点、6番に上がった2回戦で3打数ノーヒット、3回戦で4打数1安打の成績を残しましたが、3回戦は相手投手に完封され、三部落ちとなっています。

 

4年の8月31日に行われた日本大学との練習試合では、3球団のスカウトが視察する中、4番捕手で出場しています。

 

東都大学リーグ3部・東農大のプロ注目捕手・白石翔樹(4年)が31日、千葉・習志野市内の日大グラウンドで行われた同2部の日大とのオープン戦に「4番・捕手」で出場。4打数無安打に終わったが、3球団のスカウトが視察に訪れた。

プロ1本に絞っている白石は「肩の状態はまだ5割程度。早く万全の状態に戻してアピールしたい。プロ入りを果たして、島のみんなの期待に応えたい」と意気込んだ。

出典 スポーツ報知

 

 

白石翔樹選手は、二塁送球最速1秒72を誇る強肩捕手。

 

高校通算20本塁打をマークしえいますが、大学では打撃で結果が出ていません。

 

白石翔樹選手の動画はコチラ

白石翔樹選手のスカウト評

ロッテ・福沢スカウト(2020/9/1付)

「もともとの送球能力は高い。1年時から出場しているし、即戦力かどうかを見極めていきたい」

最後に

白石翔樹選手は、二塁送球最速1.7秒台をマークするスローイングが魅力の捕手ですが、課題の打撃が向上すれば、ドラフト指名の可能性が高まるでしょう。

 

アトランタ五輪日本代表銀メダリストの桑元孝雄コーチのもと、スイング起動の改善に取り組んでいるようなので、結果を残してほしいですね。

Sponsored Links