Sponsored Links

奈良学園大学の菅田大介選手は、最速146キロを投げる左腕で、打者としても長打を放つ外野手として活躍する二刀流選手!

 

2019年ドラフト候補として、その身体能力の高さが注目されています。

 

今回は、奈良学園大学の菅田大介選手を調べてみました。

菅田大介選手のプロフィール

出典  http://www.japan-baseball.jp/

 

菅田大介(すがた だいすけ)選手は、大阪府守口市出身の投手兼外野手。

 

身長187cm、体重83㎏、左投げ左打ち。

 

菅田大介選手は、守口市立庭窪中学校時代は 東淀川ボーイズでプレーし、京都共栄学園高校に進学。

 

2年夏の京都大会では、5番センターで起用され、1回戦の亀岡高校戦では3打数ノーヒットに終わりましたが、2回戦の洛北高校戦では4打数1安打ながら2打点を挙げる活躍を見せました。

 

3年夏の京都大会は、4番センターで出場し、初戦の園部高校戦で本塁打を含む4打数2安打3打点の活躍、3回戦の亀岡高校戦では3打数1安打1四死球1盗塁。

 

続く4回戦の京都八幡高校戦では一番センターで起用されて5打数2安打、準々決勝の城南菱創高校戦でもノーヒットながら2四死球を選び1盗塁2得点の活躍、準決勝の立命館宇治高校戦では先発投手としてマウンドに立ち、5.1回を5安打13四死球3奪三振6失点の成績を残しましたが、試合は延長15回サヨナラで敗れています。

 

菅田大介選手は高校卒業後は、奈良学園大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場。

 

1年春のリーグ戦では、規定打席に到達し、11試合に出場して打率.379、本塁打1、盗塁5を記録し、ベストナインに選ばれています。

 

また、菅田大介選手は1年秋と2年秋にもベストナインに選ばれており、近畿学生野球連盟を代表する選手として活躍しています。

 

2年秋のシーズンからは投手としても登板し、2018年侍ジャパン大学代表候補にも選出されています。

 

菅田大介選手は、全国大会には、1年春の全日本大学野球選手権と3年春の全日本大学野球選手権に出場!

 

1年春の全日本大学野球選手権は9番ライトで出場し、1回戦の中京大学戦でタイムリーツーベースを含む2安打1打点、2回戦の九州国際大学戦でもタイムリーヒットを含む2安打1打点と活躍しましたが、準々決勝の関西国際大学戦では4打数ノーヒット1三振、準決勝の中京学院大学戦でも4打数ノーヒット1三振と結果を残すことができませんでした。

 

3年春の全日本大学野球選手権は3番ライトで出場し、1回戦の立命館大学戦でタイムリーヒットを2本放つ活躍を見せ、投手としても6回途中から3.2回を2安打2四死球4奪三振無失点の好投を見せました。(試合は3対4で敗戦)

 

Sponsored Links

 

菅田大介選手は高校通算20本塁打、50m走5秒8の俊足を武器とする強打の外野手。

 

また、投手としても、最速146キロの速球にスライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜる三振奪取率の高い左腕投手です。

 

菅田大介選手は、大学での公式戦登板数が8試合と少ないようですが、本人は投手の方に魅力を感じているようですね。

 

菅田大介選手の動画はコチラ

最後に

菅田大介選手は二刀流選手として注目されていますが、将来性は投手の方と見ます。

 

まずは、ドラフト候補として、最終学年で頑張って実績を残してほしいですね。

Sponsored Links