国士舘大学の高部瑛斗選手は、二部リーグながら、大学通算100安打を達成した左打ちの外野手!

 

ドラフト候補として注目されています。

今秋ドラフト候補の国士舘大・高部瑛斗(あきと)中堅手(4年=東海大甲府)が東農大戦で右前安打を放ち、東都大学リーグ2部通算100安打を達成した。

 2点リードで迎えた2回1死一塁の第2打席。カウント2ボール1ストライクから引っ張り、痛烈に一、二塁間を破った。3年秋まで99安打。50メートル5秒8の1番打者は、4年春初戦で大台にスピード到達も「100本は意識していなかった。通過点だと思います」。記念のボールも手にしなかった。

 戦国東都の2部通算最多安打は東農大・陽川尚将(阪神)の109本とされ、1部最多は中大・藤波行雄(元中日)の133本。東京六大学で通算最多131安打の明大・高山俊(阪神)が3年秋までにジャスト100本だった。高部は「140本。大学で誰もいったことがないくらいまでに到達できるように」と果てしない領域を見据えた。

出典 スポーツ報知

 

今回は、国士舘大学の高部瑛斗選手に注目しました。

Sponsored Links

高部瑛斗選手のプロフィール

高部瑛斗(たかべ あきと)選手は、1997年12月11日生まれの21歳。

 

埼玉県毛呂山町出身。

 

身長177cm、体重70㎏、右投げ左打ち。

 

高部瑛斗選手は、鶴ヶ島エンゼルスで野球を始め、毛呂山町立毛呂山中学校時代は越生ボーイズでプレー。

 

中学校卒業後は、東海大学甲府高校に進学。

 

2年秋の山梨大会準決勝の甲府工業高校戦では2番レフトで出場し4打数2安打、決勝の甲府商業高校戦では2番センターで出場して4打数1安打1打点をマークし、東海大学甲府高校の優勝に貢献しています。

 

3年夏の山梨大会では1番センターで出場して、2回戦の日大明誠高校戦で4打数2安打1四死球1打点1盗塁、3回戦の山梨学院大付属高校戦で3打数ノーヒット1四死球、準々決勝の都留高校戦で2打数1安打2四死球2盗塁、準決勝の日本航空高校戦で3打数1安打、決勝の甲府城西高校戦で3打数1安打1四死球の成績を残し、東海大学甲府高校の優勝を牽引!

 

続く、3年夏の甲子園大会では、初戦の静岡高校戦で4打数1安打1三振、2回戦の下関商業高校戦で5打数2安打1打点1盗塁、3回戦の早稲田実業高校戦で4打数1安打を記録しましたが、試合は4対8で敗れています。

 

高部瑛斗選手は、高校卒業後は国士舘大学に進学し、1年春からベンチ入り。

 

1年春のリーグ戦では1番でセンターを中心に起用され、1年春は14試合に出場して54打数12安打、2打点、4四死球、10三振、3盗塁、打率.222の成績を残しています。

 

1年秋はライトで出場し、13試合に出場して57打数22安打、9打点、3四死球、9三振、3盗塁、打率.386をマーク!

 

2年春は、11試合に出場して42打数13安打、1打点、4四死球、5三振、2盗塁、打率.310。

 

2年秋は、13試合に出場して55打数18安打、1本塁打、5打点、3四死球、6三振、2盗塁、打率.327。

 

3年春は、13試合に出場して44打数17安打、1本塁打、4打点、14四死球、4三振、8盗塁、打率.386。

 

3年秋は、14試合に出場して59打数17安打、2本塁打、6打点、4四死球、12三振、5盗塁、打率.288.

 

Sponsored Links

 

高部瑛斗選手は、二部リーグながら大学通算100安打を記録する安打製造機!

 

50m走5秒8の俊足選手で、3年秋には日本代表候補に選出され、候補合宿に参加しています。

 

高部瑛斗選手の動画はコチラ

高部瑛斗選手のスカウト評

DeNA・吉田スカウト部長(2019/4/16付)

「2部でも100安打は大したもの。野球センス、スイング力を感じるし、足も肩もある」

 

巨人・青木スカウト(2019/4/16付)

「振る力があり、身体能力が高い」

 

ソフトバンク・荒金スカウト(2019/4/16付)

「左打者としては辰己(楽天)、近本(阪神)に似たタイプ」

最後に

高部瑛斗選手の弟の晴斗さんは、白血病で16歳という若さで亡くなっているそうです。

 

そして、弟の晴斗さんのためにも、高部瑛斗選手はプロを目指しているそうです。

 

二部リーグで目立つ存在ではありませんが、ドラフトで指名されるように頑張ってほしいですね。

Sponsored Links