日大藤沢高校は、中日で活躍した山本昌氏の出身校!

 

現在の日大藤沢高校の監督は、山本昌氏の弟の山本秀明氏が務めています。

 

日大藤沢高校OBの山本昌氏は、学生野球資格を回復し、2018年から母校である日大藤沢高校の特別臨時コーチも務めているそうですが、ドラフト候補の武冨陸投手も山本昌氏から指導を受け、成長しています。

 

今回は、日大藤沢高校のドラフト候補・武冨陸投手に注目しました。

Sponsored Links

武冨陸投手のプロフィール

武冨陸(たけとみ りく)投手は神奈川県横浜市出身。

 

身長173cm、体重76㎏、左投げ左打ち。

 

武冨陸投手はグリーンボーイズで野球を始め、横浜市立中山中学校時代は軟式野球部でプレーし、中学校3年生の時に全日本少年軟式野球大会に出場しています。

 

中学校卒業後は日大藤沢高校に進学し、1年からベンチ入り。

 

1年夏の神奈川大会は、2回戦の希望ケ丘高校戦で先発して5回ノーヒット2四死球5奪三振無失点、4回戦の横須賀総合高校戦で先発して6回4安打2四死球7奪三振無失点、準々決勝の東海大相模高校戦で2番手で登板して0.2回をノーヒット無失点に抑えましたが、準々決勝で敗退しています。

 

1年秋の神奈川大会は3回戦で日大高校に惜敗し、2年春の神奈川大会は4回戦で湘南学院高校に敗退しています。

 

2年夏の南神奈川大会は、2回戦で藤沢翔陵高校と対戦し、武冨陸投手は2番手で登板しましたが、3回6安打4失点と打ち込まれ、逆転負けを喫しています。

 

2年秋の神奈川大会は4回戦で光明相模原高校に敗退。

 

3年春の神奈川大会では、4回戦で東海大相模高校と対戦し、武冨陸投手は自己最速の142キロをマークしましたが、打ち込まれ、3対7で敗れています。

 

3年夏の神奈川大会初戦の湘南台高校戦では、3球団のスカウトが視察する中、先発して5回1安打7奪三振無失点と好投し、日大藤沢高校の初戦突破に貢献!

日大藤沢(神奈川)は、元中日・山本昌特別臨時コーチ(53)の指導を受けるエース左腕・武冨陸(3年)が好投し、6回コールドで初戦に勝利した。

 小気味よく直球を投げ込み、試合にリズムをつくった。日大藤沢・武冨は湘南台を相手に5回1安打無失点、7奪三振の好投。「去年、嫌な思いをして緊張してました。最初は高めに抜けたけど、途中から修正できたのはよかった」。6回コールドで初戦を突破し、安どの笑みを見せた。

出典 スポーツ報知

 

 

武冨陸投手は、最速142キロの直球にスライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシームを織り交ぜる左腕投手。

 

監督からは「指先の感覚が素晴らしい」と称賛されています。

Sponsored Links

武冨陸投手のスカウト評

中日・米村アマスカウトチーフ(2019/7/15付)

「球の切れは申し分ない。常時140キロを超えてくれば、対象になってくる」

最後に

神奈川は、横浜高校や東海大相模高校、慶應高校などの強豪校がひしめく激戦区なので、甲子園に出場するためには、複数の好投手がいないと勝ち抜くことはできません。

 

日大藤沢高校には、ドラフト候補の武冨陸投手の他にも、新村太郎投手という力量が近い左腕投手がいるので、上位の進出することはできそうです。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links