中日ドラゴンズにドラフト6位で指名された滝野要選手は、大商大で通算101安打を達成している俊足巧打の外野手!

 

今回は、大商大の滝野要選手に注目してみました。

滝野要選手のプロフィール

 

滝野要(たきの かなめ)選手は、1996年7月8日生まれの22歳。

 

三重県松坂市出身。

 

身長185㎝、体重76㎏、右投げ左打ち。

 

滝野要選手は、小学生時代にソフトボールを始め、松阪市立飯高東中学校の時は、松阪ボーイズでプレーし、中学3年生の時に日本代表を経験しています

 

中学卒業後は大垣日大高校に進学し、1年からベンチ入り。

 

滝野要選手は、2年春の岐阜大会から三塁手としてレギュラーとなり、2年春の岐阜大会では県立岐阜商業高校に決勝で敗れたものの、準優勝となり、東海大会に出場しています。(東海大会1回戦で、いなべ総合高校に敗退)

 

2年夏の岐阜大会決勝で市立岐阜商業高校を破り、夏の甲子園大会に出場!

 

夏の甲子園大会1回戦で、大垣日大高校は有田工業高校と対戦し、滝野要選手は4番三塁手として出場し、古川侑利投手(現 楽天)から4打数2安打し、2盗塁の活躍を見せましたが、試合は4対5で敗れています。

 

2年秋の岐阜大会では、決勝で岐阜聖徳学園高校に勝ちましたが、東海大会準々決勝で豊川高校に敗退しています。

 

3年夏の岐阜大会では、決勝で岐阜工業高校を11対2で下し、2年連続夏の甲子園出場!

 

夏の甲子園1回戦の藤代高校戦で4番レフトで出場した滝野要選手は4打数2安打2打点の活躍をし、5回途中から2番手投手として登板し、4.1回1安打3奪三振無失点の好投で、大垣日大高校の勝利に貢献しています。

 

続く2回戦の三重高校戦では、4番投手として先発しましたが、2回途中で4失点KO!

 

打つ方でも4打数ノーヒットに倒れ、チームも三重高校に2対4で敗れています。

 

高校卒業後は大商大に進学し、1年春からリーグ戦に出場!

 

1年春は11試合に出場し、28打数8安打2打点7盗塁、打率.286の成績を挙げ、指名打者としてベストナインに選出されています。

 

1年秋からはライトのポジションでレギュラーをつかみ、打率.386、7盗塁の活躍で平古場賞(新人賞)と2度目のベストナインに選出!

 

以後、2年春に右足を負傷し、試合に出場できない時期もありましたが、3番・4番の中心打者としてチームを支え、ベストナイン4回、大学通算101安打を達成しています。

 

 

滝野要選手は50m5秒9の俊足に加え、強肩で、ミート力のある三拍子そろった外野手。

 

大学通算本塁打がないことから、プロでは1・2番タイプといったところでしょうか。

 

滝野要選手の動画はコチラ

滝野要選手の注目ポイント

地肩が強く、送球も安定している、打撃はミート力抜群で広角にヒットが打てる、盗塁もできる走力もある

滝野要選手の彼女は?

滝野要選手も大学生ですから、彼女がいてもおかしくないのですが、彼女の情報は見つかりませんでした。

 

また、彼女の情報が見つかったら、追記したいと思います。

Sponsored Links

最後に

滝野要選手は育成ドラフトでも、プロに行くつもりだったそうです。

 

それだけ、プロに行きたかったのですね。

 

大学での実績が高い割には、6位指名という低い順位ですが、左の外野手はプロでは飽和状態なので仕方がありません。

 

滝野要選手には、盗塁技術を磨いてもらって、1・2番タイプとして頑張ってもらいたいですね。

 

【追記】

滝野要選手は、11月7日、契約金3000万円、年俸720万円(ともに推定)で仮契約しています。

 

また、12月8日、中日ドラゴンズは名古屋市中区のホテルで新入団選手発表を行いました。

 

滝野要選手(背番号51)の質疑応答

Q背番号は51番、いまどんな心境でそのユニホームを身につけていますか

A京田選手が今年までつけられていた番号なので、それをいただいて光栄ですし、恥じない選手になれるように頑張りたいと思います

 

Q非常にスピードのある選手と伺っていますが、自分自身で思っている一番のセールスポイントは何でしょうか

A足の速さと、三振が少ないことです

 

Q将来の活躍するイメージ、例えばこんな選手になりたいというのはどうですか

A大島選手のような3拍子そろった選手になりたいです

 

Q1年目の目標を、最後に聞かせてください

Aキャンプでしっかりアピールして、一軍に残れるように頑張りたいと思います

出典 中日ドラゴンズ

Sponsored Links