和歌山東高校出身の投手といえば、2019年ドラフト会議でソフトバンクから指名され、2020年に新人選手初勝利一番乗りを果たした津森宥紀投手、2019年ドラフト候補として評判になった落合秀市投手が有名ですが、2020年ドラフト候補として、玉置隼翔投手が注目されているようですね。

 

玉置隼翔投手は、投手歴1年弱ながら、最速140キロをマークする投手ですが、スカウトからも「肘の使い方がいい」という評価を受けている期待の投手!

 

今回は、和歌山東高校のドラフト候補・玉置隼翔投手に注目してみました。

Sponsored Links

玉置隼翔投手のプロフィール

玉置隼翔(たまき はやと)投手は和歌山県和歌山市出身。

 

身長188㎝、体重70㎏、右投げ右打ち。

 

玉置隼翔投手は、和歌山市立貴志中学校時代は和歌山シニアに所属。

 

中学卒業後は和歌山東高校に進学し、2年夏の和歌山大会では4番ファーストで出場!

 

2年夏の和歌山大会は、1回戦の星林高校戦で4打数1安打2打点、2回戦の向陽高校戦で2打数1安打3四死球1盗塁、3回戦の市立和歌山高校戦で3打数1安打1打点の成績を残しましたが、3回戦で敗れています。

 

2年秋の新チームになり、玉置隼翔投手は投手に転向!

 

DeNAスカウトが視察した7月5日の奈良大付属高校との練習試合では、9回6安打10奪三振4失点完投しているそうですね。

プロも注目する188センチ右腕の和歌山東・玉置隼翔投手(3年)が奈良大付との練習試合に登板し、9回6安打10奪三振の4失点で完投した。3本塁打を浴び、「変化球を打たれた。甘く入るところが弱点」と反省した。

 昨秋、新チームになってから本格的に投球練習を始め、「フォークで三振が理想の形」という。DeNAの吉田スカウト部長は「肘の使い方がいい。変化球がいい」と評価。玉置も「背中、肩甲骨、肘が柔らかい」と変化球のキレを自負する。投手歴1年弱で最速140キロに達したエースは、「育成でも入りたい」とプロを目指してアピールを続ける。

出典 スポーツ報知

 

 

玉置隼翔投手は、最速140キロの直球にフォークなどの変化球を織り交ぜる長身細身の右腕。

玉置隼翔投手のスカウト評

DeNA・吉田スカウト部長(2020/7/5付)

「肘の使い方がいい。変化球がいい」

最後に

玉置隼翔投手は、現状ではドラフトでも育成で指名されるかどうかといったところでしょう。

 

ただし、投手歴が浅く、背中、肩甲骨、肘が柔らかいというのは魅力がありますね。

 

高校最後の夏なので、アピールしてほしいですね。

Sponsored Links