プロ野球に入団しても、1軍の試合に出場するには支配下登録を勝ち取らなければいけません。

 

現在、横浜DeNAベイスターズの育成選手は網谷圭将選手、武白志選手、亀井塔生選手、田村丈選手、中川虎大選手、そして今年育成落ちとなった水野滉也選手の6人。

 

この6人の育成選手の中で、支配下登録に近い選手といえば田村丈選手でしょう。

 

今回は、田村丈選手に注目してみました。

Sponsored Links

田村丈選手のプロフィール

田村丈(たむら じょう)選手は1992年11月20日生まれの25歳の投手。

 

兵庫県尼崎市出身。

 

身長185cm、体重86kg、右投げ右打ち。

 

背番号は103番。

 

田村丈選手は小学校3年の時から野球を始め、尼崎市立啓明中学時代は遊撃手として活躍。

 

中学校卒業後は関大北陽高校に進学し、1年冬から投手に転向。

 

制球の課題から、2年夏まではベンチに入ることができずにいましたが、2年秋には背番号10番を付け、試合に出場し始め、3年生の時には長身を活かした最速145キロの直球で、大阪府内では知られた存在になっていました。

 

しかし、3年夏の大阪府大会では東海大仰星高校に3回戦で破れ、甲子園出場は叶いませんでした。

 

高校卒業後は関西学院大学に進学し、1年春からリーグ戦に登板していましたが、2年生の時に腰の怪我に見舞われ、登板することさえできなくなります。

 

田村丈選手の腰の状態は安定せず、回復と再発を繰り返していたようです。

 

そんな腰の状態でも、田村丈選手はあきらめずに筋力トレーニングを続けていたところ、4年生になってコンディションが良くなり、再びリーグ戦でも投げられるようになったそうです。

 

田村丈選手は怪我の影響もあり、大学通算成績は0勝2敗の成績。

 

けれども、高校生の時からプロ野球に入りたいという夢があったため、横浜DeNAベイスターズと広島東洋カープの入団テストを受験しています。

 

結果はどちらも不合格でしたが、受験を勧めてくれたスカウトからウイニングボールというトレーニングジムを紹介され、股関節を柔らかくするトレーニングを続けたところ、ストレートの球速が4キロほどあがり、変化球のキレも以前とは比べものにならないほど良くなったそうです。

 

受験を勧めてくれたスカウトというのは、横浜DeNAベイスターズのスカウトのようですが、田村丈選手は大学を留年したまま、横浜DeNAベイスターズの入団テストを再び受け、今度は合格となっています。

 

そして、田村丈選手は2015年ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから育成3位で指名され入団しています。

この時にスカウトコメントは以下のとおりです

恵まれた体格で角度のある150km/h近いストレートとキレの良い変化球で勝負する。実績は無いが、50m5秒7、遠投115mの高い身体能力があり、成長楽しみな選手。

出典 横浜DeNAベイスターズ

田村丈選手のファーム成績

2016年

登板8 2勝1敗 投球回22 本塁打3 四死球21 三振14 防御率4.09

 

2017年

登板18 3勝8敗 投球回75.1 本塁打8 四死球39 三振36 防御率4.78

 

2018年

登板24 3勝0敗 投球回27.2 本塁打2 四死球15 三振25 防御率1.95

 

2017年は主に先発で、2018年はリリーフで投げているようですが、防御率がかなり改善されています。

 

現状、1軍の中継ぎ陣が登板過多による疲労が心配されるので、チャンスはあるように感じます。

Sponsored Links

最後に

田村丈選手に限らず、育成選手は1年1年が勝負です。

 

あきらめずに、プロ入りを果たした田村丈選手には、支配下登録を勝ち取ってほしいと思います。

Sponsored Links