愛工大名電高校の田村俊介投手は、小学校時代から実績を残している選手!

 

1年夏の愛知大会では、背番号1番を背負うようですね。

 

監督の期待の高さがうかがえます。

 

今回は、愛工大名電高校の次代のドラフト候補・田村俊介投手に注目してみました。

Sponsored Links

田村俊介投手のプロフィール

田村俊介(たむら しゅんすけ)投手は、2003年8月25日生まれの15歳。

 

京都府舞鶴市出身。

 

身長176cm、体重88㎏、左投げ左打ち。

 

田村俊介投手は、小学校に入る前から野球を始め、舞鶴市立中舞鶴小学校 時代は共楽少年野球クラブに所属し、小学校6年生の時には、既に身長は172cmあり、最速125キロをマークしていました。

 

また、田村俊介投手は共楽少年野球クラブ時代に、本塁打30本、打率.466を記録するなど、投打ともにずば抜けた存在だったようですね。

 

その後、田村俊介投手は高知の明徳義塾中学校に野球留学し、最速146キロ右腕の関戸康介投手とともに、ダブルエースとして、投手兼内野手で活躍!

 

中学校3年生の時に出場した全日本少年軟式野球大会では準優勝しています。

 

明徳義塾中学校で実績を重ね、そのまま明徳義塾高校に進むと思われていた田村俊介投手でしたが、中学3年生の2学期には地元の舞鶴市立和田中学校に転校しています。

 

そして、田村俊介投手は中学校卒業後は、「自分の人生は自分で決めたい」と愛知の愛工大名電高校に進学しています。

 

明徳義塾中学校でダブルエースとして活躍していた関戸康介投手も、大阪桐蔭高校に進学しているので、明徳義塾高校は将来有望な2人の選手に逃げられたことになりますね。

 

愛工大名電高校に入学後、田村俊介投手は春季愛知大会1回戦の清林館高校戦に先発として登板!

 

最速135キロの直球で3回を4奪三振無失点、打っても2打数2安打の満点デビューを果たしています。

 

そして、6月16日に行われた星稜高校との練習試合では、奥川恭伸投手と投げ合い、7回4安打5奪三振無失点の好投を見せています。

今秋ドラフト1位候補の奥川恭伸投手(3年)と投げ合い、7回4安打5奪三振で無失点。打線も星稜から4点を奪い、4-1で勝利した。奥川は6回8安打12奪三振2失点だった。

15歳左腕がたじろぐことなく強豪にぶつかった。「(奥川に)投げ勝ってやろうと飛ばした」。

130キロ台の直球にフォークなど多彩な変化球を交ぜ、思い切りの良い投球。今春のセンバツに出場した星稜レギュラー陣を4回まで2安打に抑え、5番・山瀬慎之助捕手(3年)からは2打席連続見逃し三振を奪った。「いい投球ができた」。今秋ドラフト1位候補・奥川に投げ勝ってみせた。

出典 日刊スポーツ

 

 

田村俊介投手は、最速140キロの速球にカーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップ、シュートと多彩な変化球を持つ左腕投手。

 

また、高いバッティングセンスも併せ持つ二刀流選手として期待されています。

 

田村俊介投手の動画はコチラ

Sponsored Links

最後に

1年春の段階で、これだけ活躍すると、期待が高まりますよね。

 

愛工大名電高校といえば、工藤公康投手やイチローを輩出した名門校ですが、田村俊介投手もうまく育ててほしいですね。

 

森木大智投手や関戸康介投手と並ぶ次代のドラフト候補として頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links