開星高校の大型ショート・田部隼人選手がプロ野球志望届を提出しましたね。

 

開星高校は、DeNAの梶谷隆幸選手や阪神の糸原健斗選手といった身体能力の高い選手を輩出しているイメージがありますが、田部隼人選手もパンチ力のある大型ショートとして期待できそうです。

 

今回は、開星高校のドラフト候補・田部隼人選手に注目しました。

Sponsored Links

田部隼人選手のプロフィール

田部隼人(たなべ はやと)選手は、2001年12月22日生まれの17歳。

 

島根県松江市出身。

 

身長184㎝、体重83㎏、右投げ右打ち。

 

田部隼人選手は、松江市立湖北中学校時代は出雲ひらたボーイズでプレーし、中学3年生の時に中四国ブロック代表に選出され、鶴岡一人記念大会に出場しています。

 

開星高校に進学後は、1年秋の新チームからベンチ入り。

 

1年秋の島根大会は6番ショートで出場し、準決勝の益田東高校戦で3打数ノーヒット、決勝の石見智翠館高校戦で4打数1安打を記録しています。

 

続く、1年秋の中国大会では、1回戦の下関西高校戦で4打数ノーヒット、準々決勝の下関国際高校戦では鶴田克樹投手に2打数ノーヒットに抑えられ、試合も6回コールドで敗れています。

 

2年春の島根大会は3番サードで出場し、準決勝の石見智翠館高校戦で5打数1安打1打点をマークしましたが、試合は9対10で惜敗しています。

 

2年夏の島根大会は3番サードで出場し、2回戦の平田高校戦で3打数1安打、3回戦の益田東高校戦で2打数ノーヒットに終わり、3回戦で敗退。

 

2年秋の新チームからはショートに復帰し、2年秋の島根大会準決勝の大社高校戦では外野手4人という田部シフトを相手守備陣に組まれましたが、4打数4安打をマーク!(試合は0対2で敗戦)

開星(島根)・田部隼人は山陰で「伝説」を作っていた。昨秋の県準決勝。大社の守備陣が大胆な田部シフトを取った。二塁、右翼はがら空き。中堅から左に4人が陣取った。右の強打者は構わず強振し「左前打」。惜敗したが田部への警戒が分かる。

出典 日刊スポーツ

 

そして、3位決定戦の矢上高校戦でも4打数3安打2打点を記録し、開星高校の中国大会出場に貢献!

 

しかし、3番ショートで出場した2年秋の中国大会では、初戦の米子東高校戦で5打数ノーヒット1四死球1失策に終わり、試合も6対7で惜敗しています。

 

3年夏の島根大会は1番ショートで出場し、2回戦の大田高校戦で4打数1安打1四死球、3回戦の松江農林高校戦で3打数2安打1四死球、準々決勝の浜田高校戦で5打数1安打、準決勝の出雲高校戦で本塁打を含む5打数2安打2打点1犠打飛、決勝の石見智翠館高校戦でも本塁打を放つ活躍を見せましたが、試合は7対8で敗れ、甲子園出場を逃しています。

 

 

田部隼人選手はパンチ力のある打撃に、軽快な守備が光る強肩の大型ショート。

 

以前は引っ張り専門の打撃でしたが、右方向にも強い打球が打てるようになったようですね。

 

田部隼人選手の動画はコチラ

最後に

田部隼人選手は引っ張り専門だった打撃に成長が見られ、守備が安定してきているので、ドラフトの指名の可能性はあると思います。

 

頑張ってほしいですね。

Sponsored Links