立正大淞南高校の谷川唯人選手は、ディフェンス力の優れた捕手!

 

二塁送球最速タイムは1秒85をマークし、捕手としてマークしているスカウトも多いようですね。

 

今回は、立正大淞南高校のドラフト候補・谷川唯人選手に注目してみました。

Sponsored Links

谷川唯人選手のプロフィール

谷川唯人(たにがわ ゆいと)選手は、島根県安来市出身。

 

身長178cm、体重72㎏、右投げ右打ち。

 

谷川唯人選手は、小学校1年から野球を始め、安来市立第二中学校時代は軟式野球部でプレーし、中学3年生の時には島根県選抜として、U-15全国KWB野球秋季大会に出場しています。

 

中学卒業後は立正大淞南高校に進学し、1年春からベンチ入り。

 

2年夏の島根大会は、初戦の益田翔陽高校戦に捕手として途中出場し、準決勝の石見智翠館高校戦でも代走として出場しましたが、準決勝で敗退しています。

 

2年秋の新チームからは捕手としてレギュラーを獲得しましたが、2年秋の島根大会は3回戦で平田高校に敗れています。

 

3年夏の島根代替大会では、初戦の松江商業高校戦で10球団15人のスカウトが視察する中、1番捕手として出場し、自慢の肩を披露するとともに、打撃でも3打数1安打2四死球1打点1盗塁をマーク!

6回2死一塁の場面では盗塁を試みた相手走者が二塁ベース手前1メートルでタッチアウト。立正大淞南・谷川唯は中国地区屈指の捕手の前評判通り、貴重なアピールの場で自慢の肩を披露した。

「武器は肩なんで」

バックネット裏にはプロ野球8球団のスカウトが陣取り、ストップウオッチを片手に谷川の動きを追った。高校生捕手トップクラスのお墨付きが与えられるスローイングタイム1秒8台は出なかったが、1秒9秒台はコンスタントに計時。

出典 スポニチ

 

 

谷川唯人選手は、遠投110m、二塁送球1.8秒台をマークする強肩捕手。

 

50m走6秒3の足もあります。

 

谷川唯人選手の動画はコチラ

谷川唯人選手のスカウト評

巨人・榑松(くれまつ)スカウト部次長(2020/7/17付)

「動きがシャープで、スローイングに安定感と強さがある。高校生のキャッチャーとしてレベルが高い」

 

阪神・山本宣史スカウト(2020/7/18付)

「肩がいい。捕手として安定したものを持ってる」

最後に

高校生捕手トップクラスのスローイングが魅力の谷川唯人選手ですが、島根代替大会でアピールすれば、ドラフト候補としての評価も上がってくるでしょう。

 

頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links